『JAN JAN JAPANESE』(郷ひろみ)/『Rain』(亀梨和也)

◆絵=安斎 肇『お嫁サンバ』を初めて聴いた時の衝撃! が忘られぬ。 

それは東京で夜分にラジオの仕事を終え、その足で伊豆のスタジオ…

郷ひろみ104枚目のシングルが「お嫁サンバ」の衝撃と異なるところ――近田春夫の考えるヒット

6/5(水) 11:12配信

文春オンライン

 1 / 3 
郷ひろみ104枚目のシングルが「お嫁サンバ」の衝撃と異なるところ――近田春夫の考えるヒット

絵=安斎 肇

『JAN JAN JAPANESE』(郷ひろみ)/『Rain』(亀梨和也)

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

『お嫁サンバ』を初めて聴いた時の衝撃! が忘られぬ。

 それは東京で夜分にラジオの仕事を終え、その足で伊豆のスタジオにレコーディングに向かう車中のこと。丁度シャボテン公園のあたりを走っていると、ラジオから突然、曲紹介の前振りもなく郷ひろみの声が流れてきたのである。

Source: 文春砲

ヤフーコメント


名無しさん
3時間前
確かに昔から正統派な曲と同じくらいヘンテコな曲も歌い切ってきた人だから、これぐらいでは凡作と言われてもしょうがないのかも。以前「ワキワキマイフレンド」って曲を出したときも、店頭でジャケを見て思わずずっこけそうになったけど、いざ聞いてみると普通によい曲だったりしてね。それに近いのかな。

名無しさん
5時間前
なんか中途半端な記事。

名無しさん
4時間前
安齋さん絵下手クソやなー

名無しさん
4時間前
要はゴミだってことやろ。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事