今から3年以上前の、2016年2月27日。私は東京・千駄ヶ谷にある将棋会館にいた。 

この日はA級順位戦最終局――通称「将棋界の一番長い日」。 

大盤解説会場となる2階の道場には早くから整理券を求める人々…

 

「さばきのアーティスト」久保利明は、なぜ痛恨の敗戦の翌日に将棋盤と向き合えたのか

6/1(土) 11:00配信

文春オンライン

 今から3年以上前の、2016年2月27日。私は東京・千駄ヶ谷にある将棋会館にいた。

【写真】この記事の写真を見る(10枚)

 この日はA級順位戦最終局――通称「将棋界の一番長い日」。

 大盤解説会場となる2階の道場には早くから整理券を求める人々が列を成し、開場前にもう満席となるほどだった。その列に、私も並んでいた。

2/5ページ

Source: 文春砲

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事