沖縄左翼と戦う依田啓示さんを支援しよう!

 2009年に第1回で行われた「AKB48選抜総選挙」をめぐって
、過去には数々のドラマがありました。例年6月に行われ、

本来ならば第11回目となるはずだった「AKB48総選挙」ですが、今年は開催されないこ…

独走トップは……「第2回オールタイム・ベストAKB48総選挙」中間発表

上位メンバー得点をリアルタイムで更新中!!

 2009年に第1回で行われた「AKB48選抜総選挙」をめぐって、過去には数々のドラマがありました。例年6月に行われ、本来ならば第11回目となるはずだった「AKB48総選挙」ですが、今年は開催されないことになりました。

 そこで、「週刊文春」は勝手に2019年の総選挙を開催しています! 現役から卒業生まで、過去のAKB総選挙で「選抜メンバー」入りした経験のあるすべてのメンバーの中から“真のセンター”を決めてしまおうという「第2回オールタイム・ベストAKB48総選挙」です。

 投票は6月5日(水)18時まで受け付けておりますが、現時点での得票状況を中間発表します(1位=5点、2位=3点、3位=1点として集計しています)。

2019年5月31日20:30現在の集計結果

 現在、トップを独走しているのは、2018年11月にグループを卒業した山本彩。AKB48総選挙での過去最高成績は4位(2016年)ですが、昨年「週刊文春」が行った「オールタイム・ベストAKB総選挙」では1位を獲得しています。ファンからは、歌唱力やダンス、NMB48のキャプテンとして発揮したリーダーシップを評価する声が多かったです。

 続いて、激しい2位争いを繰り広げているのが、ともに第1位メンバーに複数回選出されている前田敦子と指原莉乃。さらに第2回、第4回総選挙を制した大島優子が追いかけています。

 

 上記のグラフは、上位メンバーの得点をリアルタイムで表示しているもの(リロードして最新版をご覧ください)。なお、リアルタイム得点公開は、投票〆切の24時間前に終了します。

2012年の総選挙より ©文藝春秋

 オールタイム・ベストAKBの最終結果は、6月8日(土)21時より放送予定のインターネット公式生放送「直撃! 週刊文春ライブ」の中で発表する予定です。同番組では今年も数々のAKBスクープを手がけた週刊文春の記者スズキが登場し、人気メンバーのマル秘エピソードや未発表スクープの公開も予定しています。

応募〆切:2019年6月5日(水)18時

投票する

※編集上の都合により、締切り日を変更する場合があります。

 

応募要項

・回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
・投稿いただいた内容を誌面や番組内で紹介する場合があります。
・個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
・回答いただいた内容は、一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
・回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
・掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。

 

Source: 文春砲

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。