岡田准一「白い巨塔」でテレ朝3冠、“陰の立て役者”と評価される2人の俳優の名

5/28(火) 5:59配信

デイリー新潮

 5月22日より5夜連続で放送されたテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」。言わずと知れた山崎豊子さん原作の医学界の腐敗と人間の欲望を描いた傑作で、映画やテレビで映像化されたのは実に7回目(韓国版含む)である。

 なのでストーリーは知っているけど、ついつい見てしまった方も少なくなかったはずだ。視聴率は全話とも2桁を記録して、平均視聴率は13・3%(ビデオリサーチ調べ:関東地区)。しかも、第1夜は12・5%、第2夜は11・8%、第3夜は12・2%、第4話は13・5%、最終夜は15・2%と尻上がりに良くなって、全話が同時間帯で1位に。おかげでテレ朝は、5月第4週(20日~26日)の週間視聴率で、全日(6~24時)ゴールデン帯(19~22時)、プライム帯(19~23時)、いずれもトップとなり3冠を達成したのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00562500-shincho-ent

 

 

ヤフーコメント

 

名無しさん 4時間前
一概には言えないが唐沢さんの白い巨塔の方が面白かった
名無しさん 4時間前
え!歴代で「一番キャスティングが良かった」!?ミスキャス感が凄かったけど……。
名無しさん 4時間前
唐沢さんの白い巨塔は良かったし、
ドラマに引き込まれる魅力が
あったと思います。脇役の方々で皆さん
素敵だったと思います。
今回皆さん頑張っていたのでしょうが、
あまり感動しなかったですね。
名無しさん 4時間前
これ程までに酷評されてるのに、的外れな評価で爆笑した。
ただの提灯持ちのお抱え記者なんだろうけど。
どう見ても、キャスティングも脚本も音楽も唐沢版が圧倒的に良かった
名無しさん 4時間前
「岡田クンは身長が高くありませんが、それを隠さず撮ったことが、コンプレックスを抱きながらも虚勢を張っている原作の財前の姿と重なり、視聴者も引き込まれました。」
身長と原作の財前…全く関係ないと思う。
無理矢理な記事。
名無しさん 4時間前
歴代の白い巨塔の中でも今回が1番キャスティングが良かったと書いてあるけれど…いい役者さん出てきましたが全体では、唐沢さんのときの方が良かったと思います。
名無しさん 4時間前
この評価は酷い。今までで一番のミスキャスティング。ここまでの名作を駄作にした酷いものだった。キャスティングが本当に酷すぎる。原作好きには見る価値がないほど。開局記念をわざわざ白い巨塔にしなくてもよかった。今までのが圧倒的に迫力があったから、今回のはどうみても学芸会レベルでした。
名無しさん 4時間前
どの記事をみても評価が高いのが何故?
田宮さん、唐沢さんの足元にも及ばない。
名無しさん 4時間前
どうも原作との違いを見ると、唐沢版独自の設定をちょくちょく拝借しているらしく
どこか製作陣の自信のなさが垣間見えた
まぁそれでもやっぱり面白いのが山崎豊子の力
ただ白い巨塔を見返そうと思ったらやっぱり唐沢版を選ぶかな
名無しさん 4時間前
コンプレックスを抱きながらも虚勢を張っている…財前の人間性のとらえ方が薄っぺらい気が。そこが人が財前に惹かれる魅力ではないと思います。自分のために患者の命を救う…の台詞もそうですが、人としての解釈が少しズレていた作品だったと思います。評価化は田宮さん版唐沢さん版の方が高いと思います。
mus*****
4時間前
財前の奥さんが夏帆は微妙だった。
唐沢版の若村麻由美のほうが華があった。
名無しさん 4時間前
夏帆が違和感。。。
名無しさん 4時間前
どう見ても唐沢、江口を超えてないよ。
名無しさん 4時間前
白い巨塔というドラマは日本の大人達にとって特別な思い入れがある存在。そのストーリーや問いかけに共感できるからこそ何度も見直したいと思う。リメイク業界はそこにつけ込んでいる。
原作も医療の現場も踏みにじる愚作コメディに
まんまと騙された。
今回の岡田コメディ版がコメディ版たる所以は、
1.ミスキャスト、これは全ての配役についてまわる期待値との乖離、違和感。
2.大袈裟な演出、雑な医療の現場の考証と脚本
緩急凝縮されたプロの技が見えない。
3.稚拙な人物像奇声や下手な関西弁、知性を感じない会話のやり取り、泣くか騒ぐばかり。
原作や過去の名作を今もう一度違う形で感動を得たいと思い期待したが上記のように全て潰された。BGMも効果どころかうるさいだけ。
ひたすらジャニタレと広告屋の業界論理が優先して作られたとしか言いようが無い。
白々しい巨塔
白けた巨塔
原作者と過去名作への冒瀆。
名無しさん 4時間前
唐沢さんのも告知していた気がしますが。
癌が切除できなかったことを東先生が伝えたことを言っているのだとしたら、時代というより財前の性格の捉え方というか、財前に対するまわりの向き合い方の設定を変えたのでは?
里見の診断を仰ぐタイミングも違っていましたし、いずれにせよ時代ではなくて、キャラを含めて設定を変えたのだと思います。
そして影の立役者は、柳原先生です。
名無しさん 4時間前
前回の江口洋介が財前のために涙流すシーンがぐっときました。
エンディングのアメイジンググレースも余韻を引き立たせました。
前回はドラマ2クール分やったから、今回のは役者を含めて物足りなかったですね。
やっぱり自分が病気になったら、里見先生に診てもらいたいですね。
名無しさん 4時間前
普通の1時間ドラマでやってほしかった。
1時間半とか2時間って長くて寝落ちしてしまう。
個人的には、唐沢さんの白い巨塔の方が面白かった。
名無しさん 4時間前
あんな酷いドラマをつくって視聴率の話?視聴率を気にしてるのはスポンサーを心配してる制作関係者だけ。今の時代、視聴者は本当に良い作品だけにしか興味もちませんよ。作品が酷過ぎて私は途中で離脱しました。
名無しさん 4時間前
最近みたドラマでダントツ一番ガッカリでしたけど
キャスティングも酷いね
事務所との絡みがあったんだろうけど、岡田さんにはあの役は厳しいよ
小柄だし、重厚感も渋味もないし
名無しさん 3時間前
デイリー新潮のヨイショ記事。
金と力をかけて作ったのに、視聴率は最高15%では期待したほどの視聴率が得られなかった。これがテレビ朝日の本音では。これなら科捜研の女と緊急取り調べと相棒をコラボして一週間の番組をやった方が視聴率が取れたのでは。
NETとテレビ朝日で佐藤、村上、岡田、フジテレビで田宮、唐沢と白い巨塔を10年ほどで交互に制作しているが、テレ朝の作品はほとんど記憶になく、フジテレビ作品が記憶に残っている。この点を記事にすべきだったが、新潮に忖度が働いたのか。次は10年後にフジが制作するのかな。
gou*****
3時間前
素晴らしいドラマだった!という事にしたくて必死な記事が多い。
キャスティング歴代で一番良いとか…。良かった人もいたけど、残念な人のが多かったよ…。
岡田版「白い巨塔」が業界で評判が良いということならば、視聴者との感覚のズレが大きく、ますますテレビ離れは進んでくでしょうね。
名無しさん 4時間前
視聴率のわりには、内容への評価が散々だからどうにかして傷を塞ぎたいジャニーズとテレ朝のうわ言ですかね…
名無しさん 4時間前
ドラマが始まる前からいくつも不自然な内容、ドラマを持ち上げるような記事を見かけました
この記事を出すことも予め決まっていたんでしょうね
何回も出すことによってかえってこのドラマが駄作なのを証明していると思いますが
名無しさん 4時間前
キャスティングというより、原作の時代が昭和だからこそ成立した重厚感や空気感があった気がする。令和のいま、そこまで重いものをまとった役者も少ないと思うし、医療をめぐる環境も変わってきている。それでも、何度もリメイクされる原作の骨太さ、時代を超えた普遍的なテーマが視聴者を惹き付けるのだと思う。
名無しさん 4時間前
贅沢なキャスティングと言われれば確かにお金かけたのかな、とは思うけど、
配役がしっくりこなかった。
身長差はかなり気になったのが実感。
名無しさん 4時間前
キャスティングが暑苦しい。ストーリーを追うだけなので、流れが軽い。予算が苦しいのかセットやロケ場所の仕込みが貧相。音楽もなんかしっくりしない。過去作と比較される不幸もあるが、残念なドラマでした。
名無しさん 3時間前
岡田財前はオーラが無いというか、財前五郎の良さを引き出してないような気がする。脚本が違うのか岡田君の財前像なのかわからないが、フジの唐沢財前の方が財前五郎の孤高のプライドを上手く表現していたと思う。財前岡田に限らず松山ケンイチや夏帆なども頑張ってはいるが、役所の格が違いすぎて比較するのも可哀想だな。
名無しさん 1時間前
脚本はほぼ同じで現在版にしただけだから、
役者の腕と質を問われるドラマ
どうしても、田宮五郎・唐沢五郎と比べられる
里見の役も当然で他の俳優・女優も比較する。
まず五夜連続で、このドラマを出しきるのは無理があり人間模様や人間関係などを出せていない。ドラマに厚みと重みがなかった。
ストーリー展開が早すぎて内容がついて行かない。特に裁判は、そんな簡単にいかない。
裁判中にも色んな人間模様があるのに、省かれている感が否めない。
山崎豊子作品は、人間の本質を周りがどう関係していくのかを魅せる脚本を、普通のドラマにしたのはもったいない。
プライドが高い五郎嫁のキャスティングはミス
知名度だけのミスキャスト。
役に合ったキャスティングが必要
期待外れと、ドラマの重みがなかった。
名無しさん 3時間前
松ケン目当てに観てました。
こういう役はさすがに上手いと思った。
岡田さんは力が入り過ぎというか、ちょっと違和感。
やっぱり唐沢さんが一番良かったと思う。
視聴率が良かったのも、他局に観たい番組もないし、連ドラだったのが功を奏したのでは?
名無しさん 4時間前
これはそういうふうに世間を誘導したい記事でしょうか?
生の皆様の声からは「イマイチ」の残念の声しか聞こえていません。
無理やりなんでも貶めるのはよくないけど、こうやって、無理やりごり押しも嫌だなあと思います。
正直な周囲の反応が本当のこのドラマの評価なんだと感じています。
mpv*****
4時間前
それぞれの世代で、田宮、唐沢、岡田を
論じられるだろうと思う。それにしても、原作の素晴らしさを実感した。分かっているのに見てしまう。
確かにギバちゃんと岸本さんの演技は良かった。
寺尾と岸部一徳さんをチェンジしても良かったかな。
名無しさん 4時間前
何かやたら褒めまくってる記事が増えてきてるような気がするけど結局はジャニーズへの気遣いかな?どう見ても今回のはそこまで絶賛するものではなかったと思うけど
名無しさん 4時間前
ところで、二人の俳優はどなたとどなた?
いっぱい名前が挙がってるけど。
名無しさん 3時間前
白い巨塔は第一審判決で財前が勝利し、里見が浪速大学を去るところで完結している。ところが読者から「作者は社会的に責任のある終わり方にすべきだった」という声が寄せられ、山崎豊子さんは「続・白い巨塔」を執筆された。
26日の最終回はこの続編が放映された。小説をお読みの方はお分かりのように、続編は財前の権力欲はそのままに、財前の人間的な愚かさや弱さを描いている。そして自分の死を前にして初めて、自分が本当に愛していたのはケイ子で、医師として最も尊敬していたのは里見であることに気づく。
やはり、たった2時間で上記の内容を表現することが難しいことが露呈してしまったと思う。原作をお読みでない方は、何のことか意味不明のドラマだったのではないだろうか。
名無しさん 3時間前
唐沢さんの半年かけて撮ったドラマと比較するのは良くないと思いますが、壮大なスケールで人の心もよく撮られていたので、結果唐沢さんには感情移入してしまい、涙も出ました。
今回は短かったからなのか、キャストが若いのもあるのかな?
感動まではしませんでした。
名無しさん 1時間前
この内容に疑問を感じる。
各種コメントは、唐沢寿明版の方が演出も圧倒的に素晴らしく、特にキャスティング演技力の面でも差は歴然との評が多かった。
特に、沢尻エリカと小林薫の演技がひどかった。特に沢尻エリカは、三流キャバクラ嬢的演技だったし、小林薫は奮闘し頑張っていたが、西田敏行の演技力の足元にも及ばないことがよくわかった。
BGMもアメージンググレイスがドラマとマッチして盛り上げていたし、総合的にも唐沢寿明版の方が完成度が高かったと思う。
この意見を否定する方は、是非とも唐沢寿明版をみていただきたい。
名無しさん 2時間前
思わず唐沢版の最終週のDVDを借りてきましたよ。
柳原が法廷で叫ぶシーン。カメラアングルもとても良い。
財前が里見のところに行ってステージ1を話す中、執刀は東先生にしてもらいたい気持ちを里見が察し、里見が東先生に頼みにいく。東先生も恩讐を超えて弟子の執刀を決意。
そして実際はステージ4であったことを、周りが財前に病気を隠す中、顔面真っ白な顔で里見を訪ね「君なら本当のことを言ってくれると思うから」と。診断が合っていたと告げられ「死ぬことへの恐れはないが、ただ、無念だ」と涙ぐむ。
かつて唐沢版を視聴した者としては、それぞれの心の葛藤や心情が、ひしひし伝わってきて、今回版とは比べ物にならないと感じる。
名無しさん 3時間前
操作しているかもね。
そんな数字いくらでもできるでしょう。
今回のドラマは正直ガッカリで途中から見なくなりました。
が、最終話だけどう演出してるのかと見ちゃいましたが、面白くてではなく最後までガッカリかお試しで見てました。
岡田君は好きですが、今回は合ってない。
名無しさん 19分前
ドラマは脇役の演技が良ければ、スターは脇役に引き立てられるものです。個性的な人物同士が、欲望むき出しで出会うの小説であり、ドラマです。
 多くの個性無き私たちがドラマになりにくいのは、個性の色がまだまだ薄いからです。もっともドラマのように個性を全面に出せば、組織内では周りから浮いて、嫌われること請け合いですが。
 評価のついた作品を演じるのは、役者さんにすれば名誉なことではあるが、常に比較される怖さもあります。岡田財前五郎は権力志向が強すぎるかも知れないが、もう少し人間の弱さを出しす演出が良かったかもしれません。
 財前の弱さを、素の部分でさらけ出すことが出来るのが、花森ケイ子役の沢尻エリカさんといる時です。その弱さと、誰しもが内包する、ある面の傲慢さで押し切る。今回はその対比が人間の欲望と醜さに力点がある気がしました。
名無しさん 4時間前
せっかく主役級の役者を揃えても、その力を発揮できる見せ場がないと意味ないけどね。
現代風にアレンジするのは当たり前の事。
とにかく尺が短かった。
記念作品というならもう少し腰を据えて造って欲しかった。
mdc*****
1時間前
岡田さんはドラマの印象があまりないかと大河ドラマ…⁈私が観てないのか⁈映画は二本観た作品があります。映画では良い役者上手く演じていたと思いました。このドラマに関してはオーバーな感じが多々感じました。視聴率が良かったのは前二作を観た方々が少しは感心があったから視聴したのではないでしょうが?私もなんとなく観てましたが殆んど睡魔に襲われ…何か違う?チャンネルをかえてました。皆さんがおっしゃる通りミスキャストは同感します。良い作品はそのまま一作二作⁈二作目の唐沢さん作は何度も再放送をしてますがきっと殆んど観て感激しております。今回もきっと再放送すると思いますがきっと観ない止まり思います。
名無しさん 4時間前
俳優岡田准一を好きなので、全話録画して
日曜の最終話を待って、見始めた。1話の30分目辺りで、予想外につまらなくて、途中で見るのやめて、録画も削除した。唐沢さんバージョンの方が圧倒的に見ごたえあった。
名無しさん 4時間前
やたら持ち上げ記事が多い
名無しさん 2時間前
良いキャスティングと主役を張れる役者がたくさん出てるのとは全く意味が違うと思う。原作を知っている人、前の作品を見ている人、それぞれの持っているイメージというものがあるから難しいところもあるとは思う。それでも主役の財前からいって岡田さんとは少しイメージが違うと思った。
名無しさん 3時間前
好き好みは人次第
岡田准一は良い俳優だ。大河ドラマや永遠のゼロなど凄かった
白い巨塔は唐沢寿明の方が重みとやらしさ出てたかなぁ
このドラマに限らずコテコテの関西弁は関西出身の俳優さんにやってほしい。違和感しかない
だったら標準語にしたら良いと思う。
名無しさん 3時間前
白い巨塔で言えば豪華な出演者だから視聴率が良かったのではなく馴染みのある作品だったからではないかな。
もちろん五夜右肩上がりだから見た視聴者を惹き付け脱落させなかった事は間違いない。
テレ朝はそういう作品選びが上手い。
連ドラも視聴率の高いもののシリーズ化が多い。
リアルタイムでテレビを見るシニア層を意識していると思うが、視聴率以外の評価は案外他局のドラマのほうが高い。
そちらの評価ができる記者記事を増やして欲しい。
名無しさん 1時間前
なんさろう、キャストは豪華だったけど、つまらなかった。
2003年版の出来がいいことは言うまでもないけど、
まず作り直すにはまだ早い。唐沢寿明がより有名になったまさに財前のイメージが濃すぎて、しかも唐沢さんまだ元気で第一線で活躍してるでしょ。これが20年後、30年後ならまだ違ったと思うけど、やっぱり財前=唐沢。岡田くんは固定観念持ちすぎちゃって。
あと、役者が軽い。下手とかではなく軽い。最近の中堅年齢の役者さんは若々しくて素敵なんだけど、例えば、2003年、江口洋介のと、今回の松山ケンイチ。ほぼ同じ三十半ばなんだけど、里見先生の存在感というか雰囲気、空気の重さが違いすぎて。財前の愛人も大人な女性とキャバ嬢みたいな差あったし。あと5回で、前回でまとめるほど薄い内容ではないんです。
俳優陣の演技力がどうのうこうではないです。総合的にね、ミスキャスト多いし。
名無しさん 1時間前
視聴率と評価は必ずしも一致しない例ですね。
誰もが知る歴代の名作というだけでまずは見てしまいます。注目度が高い分、視聴率が高いのは当たり前、期待値も高かったでしょう。
ただし出演俳優さんのファンの方々以外はがっかりされたと思います。この記事の信憑性を疑うばかりです。
そもそもこの名作を五話完結ものにしたこと自体に無理があったし、キャスティング、脚本、音楽すべてにおいて薄っぺらく感じられました。
私は歴代では唐沢さん版しか知りませんが、素晴らしかったと思います。
何だかモヤモヤ感が残り、唐沢さん版の最終回を見てしまいましたが、申し訳ないけど、全く深みが違うと思いました。また全話見返したくなりました。
名無しさん 3時間前
どれだけ凄いのか楽しみにしてたけど、いざ岡田さんが出てきたら、やっぱり安っちいジャニーズドラマ。
ただ、毎回、時代に合わせて病名かわるから終わりまで見たが、教授だけに告知せずとも自分で病気を知り死んで行くのがこのドラマの醍醐味だっただけに残念。
今回のドラマを見終わった後、再度、唐沢さんの白い巨塔を見て涙させて頂きました。
名無しさん 45分前
名優が揃っていたかもしれないが、配役が良かったとは、思えない。終始違和感を感じながら観た。それでも視聴したのは、白い巨塔だからであり、記述にもあるように何度も放映されており、見比べたい好奇心と本作品が好きだからの視聴だ。人間味が薄く感じられ、表裏内面の浅はかな演出としか思えなかった。女性の画の捉え方は昭和の匂いプンプンで、今時のドラマにしては色気があったと思う。総評して、あのような脚本のされ方では、実際に診断、施術、疾病、、そんなに騒ぎになるネタか?何処そこかの大手病院で日常に起こってて、公になってないでしょ。
裁判に発展する?あんな一般医師いる?
マスコミがあんなに殺到する?的に思える。

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事