ここから本文です枝の元愛人・紫艶の母が告白「娘の死は自殺ではありません」

5/23(木) 6:00配信

文春オンライン

 

文春オンライン

 上方落語界の重鎮、桂文枝(75)との20年にわたる不倫関係を2016年3月に告白し、注目を集めた演歌歌手の紫艶(本名・中江ひろ子さん)が今年3月、41歳の若さで急死した。兵庫県尼崎市に住む彼女の母親が、最期の娘の姿を「週刊文春」に涙ながらに告白した。
41歳の若さで急死した紫艶 上方落語界の重鎮、桂文枝(75)との20年にわたる不倫関係を2016年3月に告白し、注目を集めた演歌歌手の紫艶(本名・中江ひろ子さん)が今年3月、41歳の若さで急死した。兵庫…
【関連記事】

Source: 文春砲

 

 

Yahoo!コメント

 

名無しさん 7時間前
不倫は自業自得な部分もある。
だけどいいおっさんが逃げていいわけない。
お母様はずっと後悔し続けるだろうね。
干されたりする人いるのに桂文枝はいつまで芸能界にいるの?といいたい。
名無しさん 7時間前
吉本の意向なのかもしれないけど、あれだけ騒がせておいて今回の事にはコメントが無いのはどうかと思うけど?
名無しさん 7時間前
お互いの承諾の元不倫関係を続けたのだからどちらが悪いとも言えないが、関係がこれだけ長いと、文枝さんもそれなりに男としての責任もあると思うので、逃げずにきちんと対応すべきだだったと思う。
娘を亡くした母親にはなんか一言あってもいいのでは、、
文枝さんも家庭があるし気持ちはわかるが、落語会の重鎮だからこそ、それなりの誠意ある対応は見せるべきだったと思う。
名無しさん 7時間前
付き合ってた人が亡くなったのに、知らんぷりして何事もなかったかのように振る舞える人には、バチがあたると思う。
名無しさん 7時間前
文枝が人間国宝にならないように祈念します。
名無しさん 7時間前
18歳の時から文枝の愛人だったのなら、まだあまり男性のことも知らなかっただろうし、文枝が年上で魅力的な男性にみえてズルズルときてしまったんだろうな。文枝も甘い言葉とお金で自分のところにひきとめていたのだろう。不倫はもちろん双方がいけないことだけど、女性として未来がある時期を、文枝も独占し、かなり年下の女性の人生を不倫という形で過ごさせてしまったことに男としての責任はあると思う。最後は、人間として、自分が傷ついてもいいから葬式に出るなりしてあげてもよかったと思う。
名無しさん 7時間前
20年も深い関係でありながら、電話一本でないだなんて。
見る目が変わります。
名無しさん 7時間前
紫艶さんの歌、亡くなってから聞いてみた。パンチのある声でとても上手いと思いました。文枝にさえ出会わなければ今や有名歌手になっていたかもしれない。そう思うと紫艶さんがお気の毒。自死ではないにしても、沢山の薬が心臓に負担をかけたのでしょう。その根本は文枝であり、右も左もわからない娘を愛人のように弄んで捨てた最低な男。引退して欲しい。
名無しさん 7時間前
別に芸人に品行方正求めてないけど、流石に後味が悪いというか…。
「芸の肥やし」なら、それなりの手切れ金を払っても良かったのでは?
お金の問題だけじゃ無いと思うけど、違う未来があったかもしれない。
名無しさん 7時間前
一括りにするのはアレだけど、昭和を駆け抜けて、築き上げて巨匠扱いされてる人間ほど、この時代になって色々ボロが出てきているというか、通用しなくなっているというか。
桂文枝然り、たけし然り、さんまもちょっと怪しいというか。
新しい時代を迎える、イコール過去の時代の常識を清算する意味もあるのかなぁと。
lov*****
7時間前
文枝が、芸能界にいる必要はあるのかって思う。
新婚さんいらっしゃいの司会も、文枝から変えた方がいいと思う。
名無しさん 6時間前
文枝は大物感ゼロですね。
女は芸の肥しとか古い芸能人にはまだ残っている感覚かもしれませんが、ビートたけしさんとか、梅沢富美男さんとかみたいに遊ぶなら堂々としてほしい。
そもそも不倫を肯定はしませんが、文枝のような大物ぶって実は小物みたいな人がこういう事をすると、見ていて本当に気分が悪くなります。
若手の芸人レベル。
自分が原因で亡くなったわけじゃないにしても、最後くらいは堂々とお悔やみの言葉とか、自責の念くらいは持って対応して欲しいものです。
名無しさん 7時間前
不倫が公になった時の対応でその人間の器の大きさがわかる。文枝は所詮おちょこ以下。
名無しさん 7時間前
歯が痛かったのは心筋梗塞だったかもしれませんね。
名無しさん 7時間前
もはや新婚さんいらっしゃーいじゃない
文枝さんさよならだよ
名無しさん 6時間前
親の気持ちがわからないわけではないけど、職業は本人が自分で選んだ道ですよね。母親が自分を責めるのは間違ってると思う。そんな共依存的な母娘関係が、芸能界でも強い権力のある保護者を求めた可能性はあるかもしれないけど。桂文枝を罰したいなら週刊誌ではなく弁護士に相談した方が良いのでは。
名無しさん 7時間前
不倫だったとしても、亡くなってるんだからちゃんとした方が男としても人間としてもかっこいいのに。
名無しさん 7時間前
この人もそうだが、お笑い界で成功する人は人間的にはダメだからね。
その辺がまともなら逆に成功しない異常な世界。
決して普通の人間と思って付き合わないこと。
名無しさん 7時間前
娘の死は娘の責任です。芸能界に入ったからといって桂文枝と不倫する訳じゃない。自殺でなくとも桂文枝から与えられたダメージは間違いなくあったと思います。責任を負うべきは、師匠、あなたです!
名無しさん 6時間前
文枝さんはダメだね。本当に最低な遊び方。女性の方も、まだ右も左もわからない年頃に地位も金もあるオジサンに囲われて、自業自得とはいえ舞い上がって信じ込んでも仕方ない気もするし気の毒な最期だったと思う。
ただ、お母さんの無念にはとても心が痛むが、お母さんが彼にあれこれ言うのはまたちょっと違うかな、と。
そもそも、娘の恋愛は道徳的に外れたことだったんだから。
文枝が電話に出ないとかそんな恨み言の前に、まずは母親として、人様のご主人と関係するなんていう人の道を外れた事を、全力でやめさせるべきだったっていうことを悔いるべきかなと。
fel*****
7時間前
さすがに一言あってもいいんじゃないの? 文枝は。
それと、新婚さんいらっしゃい!は、
もうやめてほしい。
名無しさん 5時間前
2~3年の不倫なら、芸能人あるあるって感じなんだろうけど、20年ともなると人の人生何だと思ってるんだ!と思う。
不倫はどちらにも責任あるけれど、年齢や立場や地位を考えると別れる時に桂文枝は慰謝料とか払ったのかな?
亡くなってからも何らかのコメントがあっても良いと思うよ。
名無しさん 7時間前
ひどい男だな。ずっと自分の女だったのにさ。
名無しさん 6時間前
彼女も立ち直って頑張ろうとしてたんだと思う。不倫は悪いかもしれないが、20年も、結婚適齢期の時期に愛人にしていた桂さんが、何も言わないのは男として最低だと思う。不倫騒動の時はダンマリでも許されたけど、流石に亡くなった今、人として掛ける言葉がないのは、終わってると思う。
名無しさん 7時間前
ワイドショーではあまりやらないな
名無しさん 3時間前
どっちも悪いと思いますが、20年という月日を三枝さんと一緒に過ごしたのなら、妻ではなくっても準妻ぐらいな存在だと思います。誰のために、付き合っていないとウソをついたのでしょうか。本妻はとっくに気が付いて、その状況を受け入れていたと思います。
世間体のためでしょうか。だとしたら、世間を馬鹿にしています。嘘をつかれるより、愛していましたと潔く認めたほうが、世間は、受け入れるお思います。世間の方がしゃれが通じるとは思わなかったのでしょうか。落ちが良くないですね。落語家としても、人間の中味もいま一つです。
名無しさん 6時間前
本当はあってはいけないことなんだが、41になる前にもっと若いうちに関係を終えて結婚などできるように応援してやるべきだったのではないか。
何となく都合よく女をもてあそんで捨てたという感じがする。
罪悪感があるなら亡くなった方の母親の老後の生活ぐらい見てやってください。
名無しさん 5時間前
自業自得って、18歳の新人が関西の大御所に言い寄られて拒否することはできなかったろうよ…
女性の一番輝いてるだろう20年を奪った罪は重いよね。新婚さん出てる場合じゃないよね。
紫艶さんがお母さまとちゃんと連絡をとりあってたところは救われる。やっぱり家族、母の支えはありがたい。お悔やみ申し上げます。
名無しさん 6時間前
不倫相手のために襲撃までしたたけしを見習ってほしい
関係を持つ以上は最後まで責任持たないと
名無しさん 4時間前
や、これはね、芸能界も諦めざるを得ないような感じになったのでしょうね。恐ろしや。しかも、匿名で顔の見えない事を良い事にいいますけれど、完全に肉体的な遊びというか、利用というか、ソープとか遊郭とかそういう感じと同等の利用のように感じます。
もちろん男の戯言に騙され操られる女がいるという事ですが、うちも他で聞いた話で、哀れだなと思ったお話なんだけど、ある家で後妻で入り先妻の子を小さい時から育てた女性が、長ずるに老後に先妻の子に家を追い出され、老後の面倒もみてはもらえずいじめられ、旦那様がその後妻の籍を入れてないために、後妻は着の身着のまま追い出されたという話、実は周りは後妻と思いきや、同居人だったという事で、女の生き方もある程度自分で選ばないと男がむちゃくちゃしよるな、という感じなんですよね。。。
e19*****
7時間前
持病が悪化してしまったのも多大なストレスと心身のダメージは少なからずあったと思う。
名無しさん 7時間前
お母様だけではなく、新婚さんいらしゃいは観たくありません。
テレビに出ても嫌悪感しかありません。
名無しさん 3時間前
不倫自体を肯定するわけではないけどお互いに合意のもとで関係があったわけでしょう。
推測ですが金銭的な援助もあったんではないでしょうか?
まぁええ思いもしてた部分もあると思う。
当然、バレたら否定はするでしょう。
既婚者なんですから。
それも不倫する上では暗黙の了解。
亡くなられたのは別れた後での病気なので責任も無い。
母親は電話して何を言いたかったんやろう。
名無しさん 7時間前
歌がうまく、顔もスタイルもいいことが
逆に、ひとりの男のマーキング(独占欲)によって踏みにじられてしまった。
独占欲は愛情ではなくエゴであることを、
もう少し早い段階で気づいて欲しかった。
名無しさん 6時間前
元カレや元カノが葬式に来るなんて
よっぽど綺麗な別れかたしないと
来ないと思う。
ましてや愛人、落語界の重鎮となれば
亡くなられた紫艶さんにも注目されて
またマスコミの餌食にもなりかねない。
これはお母さんも望んではないと思う。
きちんと葬式代やお母さんへの
お見舞い金とか香典とか
そっと出したらいいのに。
本人には終わった話かもしれない。
でも、完全にスルーは卑怯な気がする。
何年かしてからインタビューとかで
紫艶さんのことを美談ですませそうな
気もする。
テレビに出ずに
講演にしぼって残されたお母さんに
少しでも償う誠意見せたらいいのに。

なんで、私はこんなに熱くなってるんだろう?
同世代の孤独死だからかな。。

名無しさん 7時間前
娘さんが亡くなって、文枝さんに電話をしたら無視されたっていう母親は無念だろうな。文枝さんのその態度は、一人の大人として許されないのではないだろうか。
名無しさん 2時間前
本妻と妾という言葉が罷り通っていた昭和までは、ある意味一夫多妻制でどの家庭も最後まで面倒をみたと聞いた。
ソースは母。父が他界後に「(父方の)おじいちゃんのお母さんは芸者さんでお妾さんだったのよ」と教えてくれた。その曾祖母のお墓まで用意してくれたそうな。おかげ?で今でも立派な墓が都内にあります。
そんなケースが江戸時代〜(もっと前も?)大戦後までは多かったそうな。
まあ、落語家ならそういう流れが残っているかもしれないが、20年も女性の若い時代を過ごしたならば、自身が生きてる限りは面倒をみても良かったのではないかと思う。
名無しさん 5時間前
芸人として妾の面倒を見るのが男の甲斐性というものでは無いでしょうか。人間国宝の某落語家にも妾が居たと言われてますが、自分が他界するまで面倒を見ていたそうです。道義的に良いか悪いかは別にして、男としての器が違いますな。
名無しさん 3時間前
不倫は合意で成り立つものであるからそこは置いといて写真を見る限り大事にしてもらってたと思う。それなら最後も綺麗に終わらす事もできたと思う。そこが分枝さん下手だったんでしょうね。強引な終わらせ方じゃ相手も納得しないでしょ。
名無しさん 3時間前
文枝が一番悪いけど、運命を狂わせたのは彼女自身でもあるわけで。20年も不倫関係ってちょっとね。自分でどこかで関係を断つこともできたはずでしょ?結局誰も幸せになっていない。不倫なんてするもんじゃない。一番悲しい思いをしたのは文枝の奥さんであるはずだし、正直、そこまで憐れむような気持ちにはなれない。
e19*****
7時間前
持病が悪化してしまったのも多大なストレスと心身のダメージは少なからずあったと思う。
名無しさん 7時間前
お母様だけではなく、新婚さんいらしゃいは観たくありません。
テレビに出ても嫌悪感しかありません。
名無しさん 3時間前
不倫自体を肯定するわけではないけどお互いに合意のもとで関係があったわけでしょう。
推測ですが金銭的な援助もあったんではないでしょうか?
まぁええ思いもしてた部分もあると思う。
当然、バレたら否定はするでしょう。
既婚者なんですから。
それも不倫する上では暗黙の了解。
亡くなられたのは別れた後での病気なので責任も無い。
母親は電話して何を言いたかったんやろう。
名無しさん 7時間前
歌がうまく、顔もスタイルもいいことが
逆に、ひとりの男のマーキング(独占欲)によって踏みにじられてしまった。
独占欲は愛情ではなくエゴであることを、
もう少し早い段階で気づいて欲しかった。
名無しさん 6時間前
元カレや元カノが葬式に来るなんて
よっぽど綺麗な別れかたしないと
来ないと思う。
ましてや愛人、落語界の重鎮となれば
亡くなられた紫艶さんにも注目されて
またマスコミの餌食にもなりかねない。
これはお母さんも望んではないと思う。
きちんと葬式代やお母さんへの
お見舞い金とか香典とか
そっと出したらいいのに。
本人には終わった話かもしれない。
でも、完全にスルーは卑怯な気がする。
何年かしてからインタビューとかで
紫艶さんのことを美談ですませそうな
気もする。
テレビに出ずに
講演にしぼって残されたお母さんに
少しでも償う誠意見せたらいいのに。

なんで、私はこんなに熱くなってるんだろう?
同世代の孤独死だからかな。。

名無しさん 7時間前
娘さんが亡くなって、文枝さんに電話をしたら無視されたっていう母親は無念だろうな。文枝さんのその態度は、一人の大人として許されないのではないだろうか。
名無しさん 2時間前
本妻と妾という言葉が罷り通っていた昭和までは、ある意味一夫多妻制でどの家庭も最後まで面倒をみたと聞いた。
ソースは母。父が他界後に「(父方の)おじいちゃんのお母さんは芸者さんでお妾さんだったのよ」と教えてくれた。その曾祖母のお墓まで用意してくれたそうな。おかげ?で今でも立派な墓が都内にあります。
そんなケースが江戸時代〜(もっと前も?)大戦後までは多かったそうな。
まあ、落語家ならそういう流れが残っているかもしれないが、20年も女性の若い時代を過ごしたならば、自身が生きてる限りは面倒をみても良かったのではないかと思う。
名無しさん 5時間前
芸人として妾の面倒を見るのが男の甲斐性というものでは無いでしょうか。人間国宝の某落語家にも妾が居たと言われてますが、自分が他界するまで面倒を見ていたそうです。道義的に良いか悪いかは別にして、男としての器が違いますな。
名無しさん 3時間前
不倫は合意で成り立つものであるからそこは置いといて写真を見る限り大事にしてもらってたと思う。それなら最後も綺麗に終わらす事もできたと思う。そこが分枝さん下手だったんでしょうね。強引な終わらせ方じゃ相手も納得しないでしょ。
名無しさん 3時間前
文枝が一番悪いけど、運命を狂わせたのは彼女自身でもあるわけで。20年も不倫関係ってちょっとね。自分でどこかで関係を断つこともできたはずでしょ?結局誰も幸せになっていない。不倫なんてするもんじゃない。一番悲しい思いをしたのは文枝の奥さんであるはずだし、正直、そこまで憐れむような気持ちにはなれない。

 

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事