テレ朝討論番組でサヨク司会者が持論に反論されて大声で恫喝
1:名無しさん@涙目です。(栃木県) [US]:2019/04/29(月) 12:06:05.89 ID:B/fOjeem0 BE:886559449-PLT(22000)

【朝生で炎上】朝まで生テレビで田原総一朗が炎上 / 旧皇族の竹田恒泰に「うるさい!!!!」と恫喝 / 三浦瑠麗にも話させず

【朝生で炎上】朝まで生テレビで田原総一朗が炎上 /

皇族の竹田恒泰に「うるさい!!!!」と恫喝 / 三浦瑠麗にも話させず

    2019年4月26日深夜25:25から生放送された、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」の司会者・田原総一朗氏(85歳)が、多くの人たちからバッシングを受けて大炎上している。

    ・討論番組なのに討論できない恫喝番組

    天皇家に関する話題で激論するなか、旧皇族の家系であり政治評論家・竹田恒泰氏(35歳)に対し、机を強く叩いて「うるさい!」と恫喝したのである。竹田恒泰氏が話そうとした瞬間、それを制止するために恫喝したもので、この行動に対して「討論番組なのに討論できない恫喝番組となってしまった」と視聴者は感じたようだ。

    ・朝生の一連の流れ

    田原総一朗「僕は単純なことを言いたい。やっぱりね、日本が戦争に負けるまでは、女子には選挙権なかった。明らかに男尊女卑なんだよ(机をバン! と叩く)。女子は政治家にもなれなかった(机をバン! と叩く)」

    竹田恒泰「北条政子は……」

    田原総一朗「待った! うるさい!!!!(机をバン! と叩く)」

    ・多くの人たちが怒りをあらわ

    朝生は、それぞれの考えをぶつけ合い、討論していくのが番組の骨子だと思われる。そのなかでヒートアップしていくこともあるはずだし、その熱さが面白みのひとつなのは理解できるが、討論を途中で阻み、恫喝する行為は討論番組として成立しておらず、多くの人たちが怒りをあらわにしている。

    その後、三浦瑠麗氏(38歳)が持論を話そうと「田原さん、田原さん……」と声をかけるも、それも完全無視をして自分の話だけを押し進めた。竹田恒泰氏も三浦瑠麗氏も終始おだやかに話していたが、司会進行役の田原総一朗が暴走するとんでもない事態に。

    ・司会者をやめてほしいとの声

    あまりにも恫喝が酷いためなのか、恫喝後に口数が極端に少ない出演者が増え、討論というより特定の人しか話せない番組となってしまったようだ。あまりにも横柄な態度の田原総一朗に対し、司会者を別の人に変更してほしいとの声が出ており、炎上状態となっている。

     

     

    2019年4月26日深夜25:25から生放送された、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」の司会者・田原総一朗氏(85歳)が、多くの人たちからバッシングを受けて大炎上している。

    ・討論番組なのに討論できない恫喝番組

    天皇家に関する話題で激論するなか、旧皇族の家系であり政治評論家・竹田恒泰氏(35歳)に対し、机を強く叩いて「うるさい!」と恫喝したのである。竹田恒泰氏が話そうとした瞬間、それを制止するために恫喝したもので、この行動に対して「討論番組なのに討論できない恫喝番組となってしまった」と視聴者は感じたようだ。

    ・朝生の一連の流れ

    田原総一朗「僕は単純なことを言いたい。やっぱりね、日本が戦争に負けるまでは、女子には選挙権なかった。明らかに男尊女卑なんだよ(机をバン! と叩く)。女子は政治家にもなれなかった(机をバン! と叩く)」

    竹田恒泰「北条政子は……」

    田原総一朗「待った! うるさい!!!!(机をバン! と叩く)」

    http://buzz-plus.com/article/2019/04/27/asanama-soichiro-tahara-news/amp/

     

    続きを読む

    Source: U-1

    スポンサーリンク




    この記事が気に入ったらフォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事