1:荒波φ ★ :2019/03/15(金) 08:51:35.58 ID:CAP_USER

最近、冬季休暇を実施した首都圏のある企業ではある部署の全員が各自日本の温泉地を訪れ観光して来た。韓日関係が冷え込んだというが来月「春の観光週間」が始まれば若い層が更に多く日本旅行に行くという見通しが出ている。

14日、日本政府観光局(韓国の観光公社にあたる)によると2018年、日本を訪問した外国人観光客は3119万人で安倍晋三首相が就任した2012年(836万人)と比べると6年で3.7倍に増加した。日本は東京五輪が開かれる2020年には外国人観光客4000万人時代を切り開くと公言している。

韓国は外国人観光客の誘致で2015年に日本に逆転された後、中国のTHAAD(高高度ミサイル防御体系)報復まで重なり苦戦したが、昨年は1534万人を誘致してかろうじてTHAAD以前の水準に回復した。

専門家らは日本観光の施設が良くコンテンツの質も秀れていて観光商品も多様なため日本観光の熱気は更に高まるものと予測した。日本政府の持続的な観光振興政策も再訪問率を高めるのに寄与している。

一方、韓国は地方観光の活性化を掲げ観光インフラを改善するのに注力しているが、具体的な成果を出せずにいる。慶煕(キョンヒ)大学観光学部の李基宗(イ・ギジョン)教授は「外国人観光客の誘致で日本が韓国を追い越せたのは観光産業を育てるための政府主導の持続的な投資があったため」としつつ「韓国も日本政府の努力を見習わなければならない」と話した。

2019年03月15日08時23分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版] https://japanese.joins.com/article/292/251292.html?servcode=300§code=300

続きを読む

Source: U-1

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事