1:荒波φ ★ :2019/03/13(水) 09:19:24.65 ID:CAP_USER

■文正仁大統領特別補佐官、「米国に責任」発言を急きょ修正

2月末にハノイで行われた米朝首脳会談が決裂したことについて、韓国大統領府(青瓦台)の文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官が12日「決裂させたのは米国ではないかと思う。米国の責任がより大きいと考える」などと述べた後、騒動になることを警戒したのか「双方ともに責任がある」と発言を翻した。

文補佐官は同日午前に行われた報道関係者の親睦団体「寛勲クラブ」での討論会で「北朝鮮は予測可能な動きを見せ、米国は予測できない動きを見せた」と述べた。

文補佐官は「米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が(議題の調整のために)北朝鮮を訪れては『漸進的・並行的アプローチによる妥結』というメッセージを伝達した。しかし突然(ハノイの会談では)『ビッグディール(全ての核施設の廃棄)』に出た」と述べた。

ハノイの会談が「ノーディール(合意なし)」に終わったのは、米国が北朝鮮に状況を読み誤らせておいて、急に交渉戦略を翻したせいというわけだ。しかし文補佐官は急きょ発言を修正した。「米国責任論」が物議を醸すとみたのか、「米国の責任」に言及した部分を撤回し「(米朝)双方に決裂の責任がある」と述べた。

文補佐官はまた、会談決裂の原因の一つとして「韓国政府の南北経済協力に対する過度な期待」を挙げた。

文補佐官は、文在寅(ムン・ジェイン)政権が南北経済協力に強い期待を表明したことにより「米国でビーガン代表に対する強硬勢力の反対が強まると同時に、(強硬派である)ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の案に対する支持気運が高まった」と述べた。

文補佐官はまた「日本責任論」にも言及した。文補佐官は「安倍首相が『北朝鮮がまず核を放棄しなければ、制裁緩和はない』などと言ってトランプ大統領を懐柔したことも、ハノイの会談決裂に部分的な影響を及ぼしただろう」として「ワシントン内の日本寄りの勢力は『ビッグディール』を強く主張してきた」と述べた。

文補佐官は、北朝鮮が東倉里のミサイル発射場を再建していることについて「北朝鮮がそれを交渉のレバレッジ(てこの作用)として使うのだとすれば、かなりまずいことになるだろう」とも述べた。

2019/03/12 22:08/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/12/2019031280271.html

続きを読む

Source: U-1

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事