真🌸保守速報!最新!文春砲:『21世紀の女の子』――2月8日よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー:桜庭一樹のシネマ桜吹雪

かつて女性は、“子供”からある日いきなり“大人”になった。結婚し、子育てをして……。 それが明治時代、女学校ができたことから…

『21世紀の女の子』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

2/10(日) 11:00配信

文春オンライン

 かつて女性は、“子供”からある日いきなり“大人”になった。結婚し、子育てをして……。

それが明治時代、女学校ができたことから、子供と大人の間にいるモラトリアムな存在“少女”が生まれた、と言われている。

この説に、わたしも長らく納得してきた。でもさいきん、“少女”と“大人”の間に、さらに新しい生き物がいるような気がし始めた。その気配を探して、街で若い女の人の姿を目で追ってしまうこともあるのだ。

さて、この映画は、一九八〇年代後半から一九九〇年代生まれの女性監督十五人による、短編オムニバスだ。

初めての恋人と穏便に別れたくて、薬局で謎の薬コイサメル(恋冷める)を買い求めるヒロインを描く「恋愛乾燥剤」(枝優花監督)。デザイナーを目指す読者モデルの専門学校生が、一足先に社会人になった先輩の暴言を受けて、(言葉は大事にしたい。あなたの一言で私は人生を棒に振ることができる)と静かに独白する「out of fashion」(東佳苗監督)など。

どの作品も、少女より大人だが、まだ女としてこの世に定着しきらない季節をさまよう若い魂の在りようを、ひどく生々しく切り取っている。はっきりしたラスト、オチがないのは、この映画が、いままさにその時を生きている人の声であり、まだ青春の結論なんて出ていないからだろう。そのことにも心を揺さぶられた。

他、山戸結希、井樫彩、加藤綾佳、坂本ユカリ、首藤凜、竹内里紗、夏都愛未、ふくだももこ、松本花奈、安川有果、山中瑶子、金子由里奈、玉川桜監督が参加。

観終わって、あぁ、今作を企画した山戸監督は、きっと、わたしが探していた“少女”と“大人”の間の生き物に、“21世紀の女の子”という名前を付けたのだなと思いました。

女性はもちろん、男性にも、観て、まっすぐに体験してほしい一本です。

INFORMATION

『21世紀の女の子』
2月8日よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー
http://21st-century-girl.com/

桜庭 一樹/週刊文春 2019年2月14日号

Source: 文春砲

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
「モノクロで挑戦するかも」ビートたけしが明かした新作映画の中身
映画
「モノクロで挑戦するかも」ビートたけしが明かした新作映画の中身
 昨年刊行の純愛小説『アナログ』以降、北野武監督は小説家ビートたけしとして『ゴンちゃん、またね。』(9月刊)、『キャバレー』(オール讀物9月...
日本よ、今...闘論!女性討論・特別編「日本人とLGBT」
チャンネル桜
日本よ、今...闘論!女性討論・特別編「日本人とLGBT」
日本よ、今...闘論!倒論!討論!2019 一流論客陣が本気で論じる、充実度NO.1の討論番組。他では聞けない、まさにホンモノの議論を展開し...
哲学者・千葉雅也が過ごしたアメリカ生活「海外生活の不安も、些細な冒険も素直に書く」
ヤフコメ
哲学者・千葉雅也が過ごしたアメリカ生活「海外生活の不安も、些細な冒険も素直に書く」
――著書『勉強の哲学』が「東大・京大で一番読まれた本」になった哲学者の千葉雅也さん。 本の刊行からまもなく、大学の学外研究(サバティカル)制...
安倍総理は第25回農林水産業・地域の活力創造本部を開催しました
安倍総理大臣
安倍総理は第25回農林水産業・地域の活力創造本部を開催しました
令和元年6月7日 発言する安倍総理2 発言する安倍総理1 発言する安倍総理2 発言する安倍総理1  令和元年6月7日、安倍総理は、総理大臣官...
真🌸保守速報!FBIが指名手配した中国軍スパイ、在サンフランシスコ中国総領事館が匿っているとの情報
トランプ大統領
真🌸保守速報!FBIが指名手配した中国軍スパイ、在サンフランシスコ中国総領事館が匿っているとの情報
FBIが指名手配した中国研究者、サンフランシスコ領事館に逃亡 – Guardianhttps://t.co/FFn8oaZ9O8 — KOK...
安倍総理は第5回パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略策定に向けた懇談会を開催
安倍総理大臣
安倍総理は第5回パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略策定に向けた懇談会を開催
平成31年4月2日 発言する安倍総理2 発言する安倍総理1 提言を受け取る安倍総理 発言する安倍総理2 発言する安倍総理1  平成31年4月...