1:動物園φ ★:2019/02/10(日) 09:36:07.07 ID:CAP_USER

機械翻訳

聯合ニュース 記事転送2019-02-10 06:04

昨年、世界LCD TV市場では、中国が韓国を初めて上回ったことが分かった。

LCDパネルに続いてLCD TVまで1位の座を中国に渡したうえ、今後の格差が大きくなると予想され、最近10年間守ってきたTV市場の「メイド・イン・コリア」の牙城が崩れるはないかという懸念が出ている。

ただし今年レッドTVなどプレミアム市場では、私たち企業が「技術秒格差」をもとに宣伝しており、今後も、これに集中すると予想される。

10日、グローバル市場調査会社IHSマキトの最近の報告によると、昨年1?3四半期の全世界LCD TV出荷台数は、すべて1億5千216万5千台、このうち中国企業が31.9%(4千856万1千台)を占めたことが分かった。

韓国が4千658万4千台(30.6%)と続いだった▲日本2千218万9千台(14.6%)▲欧州421万4千台(2.8%)▲米国358万2千台(2.4 %)▲台湾の289万6千台(1.9%)などの順だった。

中国がLCD TV出荷台数で韓国を抜いて世界1位になったのは今回が初めてだ。 過去2017年には韓国のシェアが32.4%で、中国(27.2%)を比較的大きな差でリードしている。

特に、昨年第3四半期には、中国のシェアが34.7%にまで上昇し、格差はますます拡大している面である。

IHSマキトは報告書で「LCD TVパネルの市場では、中国が過去2017年から韓国を先にところ、昨年からLCD TV市場でも韓国を追い越し始めた」としながら "ライジング中国(Rising China)」と評価した。

実際、昨年の世界の大型TFT-LCDパネルの市場では、中国BOEがシェア23%を記録し、LGディスプレー(20%)に前ソトウミョ、台湾イノルックス(17%)とAUO(15%)が、サムスンディスプレイ(8%)を抜いそれぞれ3、4位に上がったことが分かった。

報告書は、「ディスプレイ業界では、中国の急浮上は、最終的にTVセットの市場にも影響を与える」とし「サムスン電子とLG電子がまだ世界TV市場で1、2位の座を占めているが、中国が主導権を持っていくのは時間の問題」と指摘した。

しかし、世界中の今年のレッドTV市場では、LG電子が成長を主導し、次世代TV市場の開拓に成功したという評価を受けている。

LG電子の今年のレッドTV出荷台数は、過去2016年には66万6千400台にとどまったが、2017年117万8千台増の後、昨年には、第3四半期まで104万5??千台に達し記録達成が確実視された。

世界中オールレッドTV出荷台数も過去2017年159万2千台で、昨年254万台まで増えたのに続き、今年は340万台に達すると推算された。

これに対抗し、サムスン電子は8K超高画質QLED TVを「代表走者」で掲げグローバルTV市場1位の座を守るという戦略だ。

業界関係者は「サムスンQLED TVはLCDディスプレイに量子ドット技術を適用したため、IHSマキト統計には、LCD TVに分類される」とし「全体的にLCD市場では、中国のパネルメーカーが生産量を継続増やしTVのシェアも、中国企業が高め行く傾向が続く見通しだ」と説明した。

LCD TV市場で、中国に初の追い越し許可... 韓国、主導権奪われ
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20190210n02090%3Fmid%3Dn1006&xid=17259,15700002,15700022,15700186,15700190,15700248&usg=ALkJrhgQOYRALitjdOQ_vHSVhshsqpomNA

続きを読む

Source: U-1

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事