全豪オープン

 

 

Grand Slam Melbourne,オーストラリア ハード(室外)

全豪オープン
 
決勝

両者がコートに姿を現す

 
    • 試合経過
 
  • スタッツ

見どころ

全豪オープン (オーストラリア・メルボルン/1月14日~1月27日/ハード)女子シングルスの決勝は、第4シードで世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)と第8シードで世界ランク6位のペトラ・クビトバ(チェコ)が対戦する。両者は全豪オープン初の決勝進出を果たし、今回が初顔合わせ。大坂は昨年の全米オープンに続く4大大会2勝目を懸けて、クビトバは14年のウィンブルドン以来となる4大大会3勝目を懸けて決戦に臨む。女王の座を決める一戦は大会13日目、ロッド・レーバー・アリーナで行われる。

過去3試合の対戦成績

過去の対戦はありません。

今シーズン勝率

大坂 なおみ 項目 P.クビトバ
88% ハード 92%

プロフィール

大坂 なおみ 項目 P.クビトバ
日本 国籍 チェコ
21 年齢 28
利き腕
2013 プロ転向年 2006
8勝1敗 今季成績 12勝1敗
4 ランキング 6
5勝0敗 直近の戦績 5勝0敗

トーナメント表

決勝

  • 大坂 なおみ

    日本

    4

    WTA RANKING

    現在

    • 生年月日
      1997年10月16日(21歳)
    • 身長・体重
      180cm/69kg
    • 利き腕
    • プロ転向年
      2013
    • 今季成績
      8勝1敗
    • 今季獲得賞金
      $53,665
    • 生涯成績
      305戦185勝120敗
    • 生涯獲得賞金
      $7,629,197
    プロフィール写真
    © Getty Images

    ハイチ系米国人の父と、日本人の母を持つ。出身は大阪、現在はフロリダを拠点としている。姉・まりの影響でテニスを始め、01年に米国へ移住。ジュニア大会ではなく、ツアー下部大会へ出場して研鑽を積む。13年にプロ転向、翌14年7月、16歳で出場したシリコンバレー・クラシックの1回戦で、11年の全米王者であるサマンサ・ストーサーを撃破して脚光を浴びる。
    16年は全豪に出場し、4大大会デビューを飾ると、3回戦に進出。3月のマイアミ・オープンでも3回戦まで駒を進め、大会後のランキングで95位となりトップ100入り。9月の東レ・パンパシフィック・オープンでは準優勝に輝き、世界ランクは46位まで上昇。日本人初となる最優秀新人賞を受賞した。17年12月にウォズニアッキやセリーナ・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めたサーシャ・バジンをコーチに迎えると、18年3月のBNPパリバ・オープンでツアー初優勝。さらに全米で、シングルス日本人初となる4大大会制覇の快挙を成し遂げ、10月に自己最高の4位に入った。

ペトラ クビトバ
チェコ

6
WTA RANKING

2019/1/14現在

生年月日1990年3月8日(28歳)
身長・体重182.9cm/69.9kg
利き腕左
プロ転向年2006
今季成績12勝1敗
今季獲得賞金$12,705
生涯成績720戦502勝218敗
生涯獲得賞金$27,342,207プロフィール写真
© Getty Images
父の影響でテニスを始め、06年にプロ転向。08年の全仏で4大大会初出場。09年のホバート国際でツアー初優勝、10年には年間最優秀新人賞に輝いた。11年のウィンブルドンでシャラポワを破り、4大大会初優勝。WTAファイナルズでも初出場初優勝を果たし、年間最終ランクは自己最高の2位に入った。14年のウィンブルドンでは自身2度目の栄冠。しかし16年のオフシーズン、自宅に押し入った男ともみ合い、左手を負傷。手術を経て、17年の全仏で復帰。全米でベスト8に進み、再び時計の針が動き出した。
18年はツアー5勝をマーク、左腕から放たれる高速サービスとストロークが持ち味。コーチはATPトップ100位以内の経験があるジリ・バネク。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事