Messenger

プリスコバを破って決勝進出を決め、笑顔で声援に応える大坂なおみ=24日、メルボルン(ロイター)

プリスコバを破って決勝進出を決め、笑顔で声援に応える大坂なおみ=24日、メルボルン(ロイター)

 テニスの全豪オープン第11日は24日、メルボルンで行われ、女子シングルス準決勝で四大大会2連勝を目指す第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第7シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に6-2、4-6、6-4で勝ち、日本勢初の決勝進出を果たした。試合後のインタビューは以下の通り。

 《場内インタビュー(英語)》

 --第2セットに追い上げられた

 「少し予想していた。何度も彼女とはプレーしているし、彼女の方が直接対決では勝っている。非常に厳しい戦いになると思っていた。第3セットは立て直して、とにかく努力することを続けた。そしてなんとか勝つことができた」

 --昨年、全米オープンで優勝した経験が生きた?

 「こうした試合は経験しているが、第2サーブは非常に緊張した。お願いという感じ。でもなんとか決めることができた。経験が生きたのかもしれない」

 --48時間後に決勝。前回メルボルンで散歩していると言っていたが、またするか?

 「いや寝ます(笑)。そのあとは歩くかもしれない。でもしないかな、正直」

 --歩くことでうまくいっているのでは

 「どうなんでしょうか(笑)」

 --きょうは暑さで屋根が閉じていた

 「正直温かいのが好きなので、閉じているのが悲しかった」

 --外は40度

 「でも屋根が開いていたときは私が輝く時間だわ、と思った」

 --時差があって日本は午後。みんなデスクを離れて試合を見ていたと思う。日本語でどうぞ

 「(日本語で)こんにちは。みなさん応援本当にありがとうございます。次の試合も頑張ります。ありがとう」

 --なんて言ったか教えてもらえますか?

 「内緒(笑)」

 --でも教えてください

 「ありがとうございます。応援をありがとう。次の試合でベストを尽くしますと言った。そんな感じかな」

 《日本のメディア向けのインタビュー(基本的に英語で)》

 --ナイスゲーム

 「(日本語で)ありがとうございます」

 --試合を振り返って

 「(日本語で)きょうの試合は本当に難しかった。(英語で)相手はサーブが良かったので、非常に長い試合になると思っていた」

 --ファイナルセットはブレークポイントがあって、よくセーブした。

 「あのゲームは非常に長かった。正直非常にドキドキした。とれて良かった」

 --東京(東レ・パンパシフィック・オープン)では同じ相手に負けていた。今回こそ勝ちたいという気持ちはあったのでは

 「そう思う。東京で前回対戦したときは、彼女が非常にいいプレーをした。今回はリベンジしたかった」

 --全米オープンに続いての決勝

 「非常にわくわくしている」

 --全米オープンのときと気持ちの違いは

 「とにかくベストなプレーをしたい。そして大変な努力をしたい」

 -おじいちゃん、おばあちゃんからメッセージは?

 「(日本語で)おじいちゃん、おばあちゃん、寝てる? 日本、いま何時?」

 --夕方ですね。午後4時ぐらい

 「(日本語で)はあー、なんかおはようじゃない? おはようございます、おじいちゃん、おばあちゃん」

 --このあとはどう過ごす

 「とにかく休みたい。できるだけ」

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事