1月8日夜のショールーム動画で、山口真帆さんの号泣動画放送されました。

その内容は、男2人に襲われてそれが個人情報を流出したのが自分と同じNGTのメンバーである、というものでした。

そして1月9日には、少なくとも男2人に襲われていたのは事実だと発覚し、日本中で衝撃が走っています。

「こんな事件があったら卒業(引退)してしまうのでは…、」と個人的に思いました。

 

しかしなんと1月10日に、山口さんが新潟のNGT48劇場の公演に出演されました。

今回の出演公演は、NGTの劇場公演デビュー3周年記念ライブだそうです。

このような重大な公演を前にして、今回の告発をされたというのが驚きですよね。

さらに驚くことに、山口さんは単独で今回の騒動に謝罪されたのです!

山口さんは、精一杯声を振り絞って謝罪をされていましたが、見ていて方はみんな心が傷んだでしょう。

今回は、謝罪内容(全文)や動画、そして謝罪が台本の可能性、ということを調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク




山口真帆の告発動画への謝罪の内容(全文)や動画

1月10日のNGT48の公演は、NGT劇場3周年記念スペシャル公演でした。

1月10日早朝の時点では、山口さんが出演されるかは未定だったとのこと。

しかし山口さんは、18:30開始の公演に出演されました。

ライブでは、柏木由紀さんとデュエットで「でもでもの涙」という曲を歌われました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

そして柏木さんだけが横にいる状況で、今回の件に関して1人で謝罪をされました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

謝罪の内容(全文)は以下のようになっています。

「この度はたくさんお騒がせしてしまって誠に申し訳ありません。

先日もお伝えしたとおり、

私にも守りたいものがあったからこのような形で皆様に伝えることになってしまったことも、

お世話になってる方々たちにも迷惑をかけることになってしまったことも

本当に申し訳なく思っております。

 

AKSの方とも話し合えて、

これがきっかけとなってまたNGT48が新しい方向に向かえるように、

私もチームGの副キャプテンとして、努力したいと思います。

引き続きNGT48の応援をよろしくお願いします。

(頭を下げて謝罪。)」

謝罪の中で出てくるAKSとは、東京都千代田区にある、AKBグループのうち(AKB48、SKE48、HKT48、NGT48)を運営管理している会社です。

AKSの方との話し合いで、今回の出演が決まったように見える謝罪内容ですね。

1月10日早朝の時点では出演されるか未定だったということなので、1月10日にAKSの方と話し合われたように思えます。

しかし、この謝罪の中で、「メンバーに個人情報を漏洩された」とか「今村支配人がちゃんと対応してくれなかった。」ということは述べられていないので、NGT内でこの辺は決着がついてないように思えます。

あれだけの号泣や連続ツイートで告発されてから、2日もたたずに問題が解決するなんて信じがたいですよね。

山口真帆は一人で謝罪したのはなぜ?運営が説明しない理由は?

まず、山口さんが1人で謝罪しているのことに理解できないという方が多くいました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

確かに、実際に山口さんが実際に男2人に襲われたのは事実ですし、普通は運営の方もなんらかしらの説明をすべきですよね。

山口さんの個人情報をNGTメンバーの誰かが漏らしたというのは、あくまで疑惑だから他のメンバーが出てこないのはまだ分かりますが…。

 

AKB系グループのメンバーが襲われた事件というと、2014年5月のAKB握手会で川栄李奈さんと入山杏奈さんが襲われた事件が思い浮かびます。

あの事件は、5月25日に起きましたが、翌日の26日には、当時前AKB48グループ総支配人が「握手会の抜本的な改革」をGogle+で表明されました。

その表明では以下の夜に、メンバーやファンに対して深い謝罪をされました。

「オープンから握手会の運営やシステムの構築に携わって来たスタッフとして、

今回、このような事件が起きてしまい、

メンバーやファンの皆様に悲しい思いや、恐い思いをさせてしまったことにつきまして、

心よりお詫び申し上げます。

本当に、本当に申し訳ございませんでした」

 

こういった事例があると、今回の山口さんの件で運営が全く謝罪や説明をされないのは非常に不自然に感じます。

やはりまだ山口さんとNGTスタッフやメンバーとの間に壁があるように感じてしまいます。

山口真帆の告発動画への謝罪文が台本の可能性は?

またそもそも、今回の山口さんの謝罪文が本当に本人の気持ちからによるものなのかも気になります。

NGTやAKSが用意した台本の可能性はないのでしょうか?

実際には山口さんやNGT、AKSの方からしか分かりませんが、わかっている情報から推測してみます。

とりあえず調べてみたのは、2016年11月のハレンチ動画の時の謝罪動画です。

2日前まで山口真帆さんといえば、ファンの方以外からは「ハレンチ動画の子」と認識されていたのではないかと主ます。

今回と同じくshowroomの動画で、ベッドの上に横たわって顔をアップしながら「ハレンチ~」と喋っていた動画です。

男性が傍にいるかのように感じられるような内容で、当時非常に炎上しました。

この動画に関しては、動画配信の数日後に山口さんが動画で謝罪をされています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

謝罪内容としては、「そんな風に解釈されているとは思っていませんでした。誤解を与えてしまってごめんなさい。」という感じですね。

今回の謝罪とは全然違いますね。

声も明るい感じですし、自分の言葉で喋っているように思えます。

一方、今回の号泣告発動画への謝罪では、自分が告発した内容にはほとんど触れていなかったりして、どこか歯切れが悪いように思えます。

となると台本とは言わないまでも、NGTやAKSが主導で今回の謝罪内容が決まったとは可能性はありそうですね。

やはりこれで今回の事件が終わりというのは納得がいかないので、NGTメンバーや運営からもなんらかしらの声明があることを望みたいですね。

ネットの反応

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

まとめ

山口真帆さんの3周年記念ライブでの、号泣告発動画への謝罪について調べてみました。

動画を見る限り、山口さんやNGT内で決着がついているようには、正直思えませんでした。

しかし山口さんが前向きに、今後のNGTでの活動をされていく意思があるのは感じることが出来ました。

山口さんが今後もNGTで活躍されることに期待したいと思います。

Source: ワダイダイ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事