12月12日に東京駅で大量殺人を予告した、「りゅうた」と名乗るツイッターアカウントの人が逮捕されたそうです。

そういえば数週間前にこの犯行予告が、ツイッターの急上昇に上がっていましたね。

犯人の名前は、小林愛望こばやしあいみ)で、長野県下駒沢の託児所のパート従業員だとのことです。

ツイッターアカウント名は「りゅうた」でしたが、本人は女性だったわけですね。

 

こういう犯罪予告って、「予告をしたしばらくあとに警察がやってくる」と言いますが、2週間ちょいでやってくることもあるんです。

東京駅での犯罪予告だったので、警察も力を入れて捜査したということでしょうか。

今回は、小林愛望容疑者の経歴動機を調べてみることにしました。

[ad#ad2]

小林愛望(こばやしあいみ)が東京駅で殺人予告

以下、ニュースの引用です。

ツイッターで東京駅での大量殺人を予告したとして、警視庁丸の内署は28日、長野市下駒沢のパート従業員、小林愛望(あいみ)容疑者(23)を偽計業務妨害容疑で逮捕したと発表した。逮捕は27日。「ツイッターのフォロワーを増やしたかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は12日午後9時10分ごろ、ツイッターに「東京駅で10人殺したら俺も死にます」「気をつけてね東京都民の皆さん」などと書き込み、JR東京駅の駅員らの業務を妨害したとしている。「こんな大事になると思わなかった」と容疑を認めているという。同署は小林容疑者がほかにも同様の書き込みをしていたとみて調べる。

 同署によると、自分のスマートフォンから書き込んだという。同日に書き込みを見た人から110番があり、駅員のほか同署や機動隊なども12~14日に延べ70人態勢で警戒にあたった。

 

長野県在住の女性が、東京駅での犯行予告をしてしまったというわけですね。

田舎に住んでいる人がイメージする「事件が起きたら一番ヤバそうな所」として、東京駅を犯行予告の場所に選んでしまったんでしょうね。

もし本当に犯罪を犯すつもりだったら、もっと身近で土地勘がある場所を選びそうです。

小林容疑者は本当に犯行を犯すつもりはなく、ただ注目を集めたかっただけなのかもしれません。

https://platform.twitter.com/widgets.js

  • 名前:小林愛望(こばやし あいみ)
  • 年齢:23歳
  • 犯行名:りゅうた
  • 住所:長野県長野市下北沢
  • 職業:託児所従業員

 

ニュースの報道では、名前は小林愛望で、読み方は「こばやし あいみ」でした。

最初、今回の報道を見た時は、「愛望」で「りゅうた」と読むのか!?、と思ってしまいましたが流石にそんなことはありませんでしたね。

「小林愛望」で検索してみましたが、同姓同名の人が大量にいるようなので、その方たちにとっては相当迷惑でしょうね。

 

小林容疑者の職業は、長野県長野市下北沢の託児所従業員だそうです。

一般人で働いている方がこういった意味のない犯罪を犯すときって、結構な確率で「仕事のストレス」が原因だったりしますが、小林容疑者の場合はどうなんでしょうね。

また、子供の面倒を見る託児所の従業員がこんな犯行予告をした、ということもとても恐ろしいですね。

Sponsored Links
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

小林愛望(こばやしあいみ)の犯行動機は?

小林容疑者は、12月12日に「りゅうた」というアカウントで東京駅での殺人予告をしました。

多分これで俺の人生も終わると思うんで悔いのないようにやります。東京駅で明日~明後日😁指定はしません。時間の指定もしません。通り魔で大量殺人ゲームします。10人殺したら俺も死にます。目的は社会と女に対する復讐😉みんな血の海の中なき叫べ~😂楽しみだなあ。気をつけてね東京都民の皆さん😉

— りゅうた 人口削減計画 最後の仕事 (@r_t1379) 2018年12月12日

今だから教えてあげる。あの風呂場の血まみれ😁大嫌いな知人女を刺した後なんだよ😉あれを血糊とか😜大丈夫かな???

— りゅうた 人口削減計画 最後の仕事 (@r_t1379) 2018年12月12日

お前ら如き俺のツイートスクショして拡散しても意味ないってば😂😂凍結させようと必死なんだな😉🔪本当バカばっかだな

— りゅうた 人口削減計画 最後の仕事 (@r_t1379) 2018年12月12日

 

とても悲観的な内容のツイートっぽくありますが、どこかふざけているようにも見えます。

犯行動機は、「注目を集めたかったから。こんな大事になるとは思っていなかった。」と話していますが、恐らく本当なのでしょうね。

ゲーム感覚っぽさが感じられる犯行予告なので、強い憎しみとかはないような感じがします。

 

また、女性が男性を装って犯行予告をしたわけですが、その理由が気になりますね。

考えられるのは、「可能な限り女性である自分に疑惑が向くことを避けようとした。」とか「自分とは違う姓になりきることによって、自制心を振り切ろうとした。」といいったところでしょうか。

性を偽るという面倒なことをするなら最初からこんなことしなければいいのに、と思わざるを得ませんね。

まとめ

東京駅で犯行予告を犯してしまった小林愛望容疑者について調べてみました。

実際には事件は何も起こらなくてよかったですね。

しかし、「悪ふざけの犯行予告でもこうやって全国にさらされてしまう」、ということを小林容疑者が予測できなかったのが残念です。

また、犯行予告とかはないにしても、寝不足だったり酔っていたりしていてつい一線を越えてしまった、ということは誰にもあると思います。

私もネットでの発言には極力注意しようと思いました。

[ad#ad2]

Source: ワダイダイ

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事