いまの政治状況を見ていて、釈迦の垂らした糸に大勢が群がる芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を思い出した。物語の結末のようにならないといいが。

それにしても、前原誠司民進党代表(55)は大きな仕事をした。代表に就いたのが9月1日、10月を待たずに事実上「解党」してみせた。何度も書いたが、民進党は左から右までが混在する「寄り合い所帯」。それが国民に信頼されぬ要因で、解党しか道はなかった。

衆院は28日、解散した。事実上、「10月10日公示、22日投開票」の選挙戦に突入している。

野党第一党たる民進党は同日の両院議員総会で、前原代表が提案した新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事、65)への合流を、あっさり満場一致で決めた。

しかし、「合流」に際し、小池氏は民進党前議員から個別に申請を受け、安保法容認を公認条件にすると“踏み絵”を課した。

当たり前である。

「安保関連法反対」を声高に叫んできた民進党、そして所属議員諸氏。当選するために「覚えてない」とは言わせない。選別された諸氏の顔触れが実に楽しみだ。

小池氏と前原氏は29日午前に会談し、候補者調整と政権公約作りを急ぐことで一致した。民進は、すでに公認申請する前職らのリストを提出しているが、小池氏は、記者団に「全員を受け入れる考えはさらさらない」と言い切った。

民進党の合流に関し、細野豪志元環境相(46)は「三権の長を経験した方々はご遠慮いただく」と述べた。これに対し、野田佳彦前首相(60)は29日、「小池さんと前原さんが決めることだ。先に離党していった人の股をくぐる気は全くない」と意地を見せたが、対照的に菅直人元首相(70)は記者団の質問には終始無言を貫き、今後の方針を明言しなかったそうだ。諦めが悪いのがこの人らしい。

希望から衆院選に出馬する意向の中山成彬元文部科学相(74)は自身のツイッターに民進党合流について「私達の小池新党合流から始まった今回の騒ぎに前原代表は右往左往。言うだけ番長の面目躍如」とこきおろした。その上で「辻元(清美)氏(57)等と一緒なんて冗談じゃない」と名指しした。

小池氏は29日にも自らの衆院選出馬について、「出馬しない。何度も言っているじゃないですか」と改めて否定したが、菅義偉官房長官(68)の見立てはこうだ。

 

多分、多くの皆さんは小池さんは出てくるんだろうと思ってるんじゃないですか。私は出てくるんじゃないかなと思っている」と会見で話した。

もし、東京五輪まで3年を切った状況で知事を投げ出せば「小池人気」は失墜するだろう。知事にとどまれば、希望の爆発的人気は得られまい。この判断が選挙の結果を大きく左右するだけに、小池氏の決断やいかに。

さらに菅長官は民進党合流については「たった一夜にして政策の協議も全くない中で、いつの間にか一つの政党になってしまっている。まさに選挙目当ての数合わせが進んでいる」と断じた。

河野太郎外相(54)も同日、「特定秘密保護法に反対し、平和安全法制に反対してきた野党の方が公認をもらうために『賛成です』とおっしゃって、また全員反対になるのか。非常に曖昧模糊としている」と批判した。

その上で衆院選について「日米同盟を基礎として戦後自民党、公明党政権が築き上げてきた安全保障体制をしっかりと維持するのか、曖昧な体制にするのか。それが問われている選挙戦だ」と述べ、安保政策が争点になるとの考えを示した。

緊迫し続けたままの「北朝鮮対応」が大義そのものだ。首相は消費税の使途について語ったが、真意を見極める必要がある。

それにしても語るに落ちたとはこの人だ。自由党の小沢一郎代表(75)は28日、同党と希望の合流を進める考えを示した。「政権交代を実現するため、野党は一つになって戦わないといけないというのが持論だ。私どももその方向で最終的に結論を出していきたい」と語ったが、安保関連法で舌鋒鋭く反対していたはずだ。政策よりも政局最優先の「壊し屋」も今は昔だ。

共産党の志位和夫委員長(63)は29日合流の動きについて「大きな政治的変節だ」と記者団に述べたが、われわれ国民は誰が「変節」したのか胸に刻みたい。

安倍晋三首相(63)は街頭演説で、「新党ブームからは決して希望は生まれない」と切り捨てたが、日本国民は「風」やら「ブーム」に乗ってどれだけ失敗し、「失われたとき」を積み重ねてきたか。

頭を冷やし、よく候補や政党の中身を精査して一票を投じたいものである。

(WEB編集チーム 黒沢通)

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事