1:名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US]:2018/12/14(金) 01:32:06.56 ID:UhqqHBRr0 BE:135853815-PLT(12000)

仏ルノー、ゴーン会長兼CEOの留任を決定

【ロンドン=戸田雄】仏自動車大手ルノーは13日、パリで取締役会を開き、ティエリー・ボロレ氏を最高経営責任者(CEO)代行とする暫定の経営体制を当面維持することを決めた。金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で、日本で起訴された会長兼CEOのカルロス・ゴーン被告の解任は見送り、留任を決めた。

取締役会では、日産自動車が行ったゴーン被告に関する内部調査の結果が、ルノーの弁護士から報告された。ただ、ルノーはゴーン被告の弁護側の情報がないとして解任を見送った。取締役会はルノーの弁護士に対し、日産側と連絡を取りながら、最新の情報の取得と調査を続けるよう求めた。

ゴーン被告の逮捕後、日産と三菱自動車はゴーン被告の会長職と代表権を解いたが、ルノーは結論を先送りした。3社連合で判断が分かれる形になっている。

一方、ルノーは、ゴーン被告が2015~18年にルノーから受け取った報酬を調査したが、法律違反はなかったとの見解を示した。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181213-OYT1T50129.html

 

続きを読む

Source: U-1

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事