ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                    
 

 今年6月18日、大阪を襲った地震で高槻市の小学校のコンクリート塀が倒れて小学生四年生の女子生徒が亡くなった事件にふれた時に、「連帯ユニオン関西生コン支部」のことを書きました。「生コン」というのは生のコンクリートのこと、「ユニオン」とは一人でも加盟できる労働組合のことです。「連帯ユニオン関西生コン支部」は関西地方のセメント、生コン業者の労働者でつくる組合なのですが、そのトップで「生コン業界のドン」と呼ばれた武建一執行委員長が829日、逮捕されました。また「連帯ユニオン関西生コン支部」の幹部や組合員が今年の夏以降、なんと23人も(!)逮捕されています。逮捕理由は恐喝未遂容疑や威力業務妨害容疑などです。しかし、これだけ多くの逮捕者を出した事件であるにもかかわらず、この事件を報じているのは関西テレビ、京都新聞ぐらいです。東京のメディアはまったく報じていません。一体、これはなぜなのでしょうか?

 労働組合、というとどのようなイメージを持っていますか? 「労働者の味方?」「弱者の味方?」 労組もいろいろありますが、少なくとも「連帯ユニオン関西生コン支部」は労働者のための組織ではなく、狂信的な左翼(極左過激派・中核派)イデオロギーを持つ政治集団と言えます。武建一が資金を調達する方法は、関西の中小企業の労働争議に介入することです。その企業に組合員が一人でもいれば、それを口実にわざと労働争議を起こさせ、会社側にいくばくかの金を払わせて労働争議を「解決」します。そして「解決金」を巻き上げます。まるで暴力団のような手口です。

 「連帯ユニオン関西生コン支部」は社民党や新社会党の支持団体で、昨年の新春旗開きには辻元清美、福島瑞穂、尾辻かな子議員が参加していたそうです。NHKが「連帯ユニオン関西生コン支部」の一連の事件を報じないのは、ここいら辺の事情によるのではないか、と思われます。NHKは一体、誰に忖度しているのでしょうね?

 辻元清美らとの関係も問題ですが、注目すべきなのは「連帯ユニオン関西生コン支部」と北朝鮮との関係です。海の砂や海の砂利は塩分があるので、生コンに使う砂はほとんど北朝鮮の川砂を使用するそうです。辻元議員を通して武建一執行委員長は北朝鮮の川砂利権を握っていたのではないでしょうか?  「連帯ユニオン関西生コン支部」は「日朝国交正常化の早期実現を求める市民連帯」にも参加していますし、北朝鮮を訪問しています。北朝鮮とのつながりは半端ではありません。

 「ユニオン」は一人でも加盟できるということで、非正規雇用者にとっては頼りになる存在、と映るのかも知れません。しかしその実態は既に述べたように暴力団顔負けの集団であり、たとえユニオンのお蔭で労働争議に勝ったとしても解決金の20パーセントを「カンパする」ことを求められます。なるべくなら関わらない方が良いでしょう。

 拉致問題の解決のためにも、日本国内にある北朝鮮のシンパ団体を潰すことはとても大切です。滋賀県警、大阪府警はGJ! でした。

 

 

 

  ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ                    
 

 

 



Source: 愛国女性のつどい花時計

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事