スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「国債の利払いが増えて破綻する論を、財務官僚が、国会答弁で否定してしまった。(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.25 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 【全編公開】財務省による支配構造を徹底解剖!なぜ財政破綻論者は消えないのか?[三橋TV第881回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/hqLYbJ3ENMI  二十年ぶり新紙幣発行が始まりました。もっとも、まずは市中銀行が、「日銀当座預金の引き出し」 という形で新紙幣を入手するため、我々が手にするのはもう少し先になります。 我々は、自らが保有する、「銀行預金の引き出し」 により、現金紙幣を入手いたします。 さて、本ブログ読者の方はご承知でしょうが、現金紙幣は日本銀行の「負債」としてバランスシート(貸借対照表)の貸方に計上されています。【2024年3月末時点 日本銀行のバランスシート(兆円)】http://mtdata.jp/data_91.html#BOJBS24Q1 この事実ほど、「貨幣の真相」を国民に示すものはないでしょう。何も知らない方は、現金紙幣は(日銀の)負債であると説明されても、「え? 何、言ってんの? 頭、大丈夫?」 となること確実です。 そこで有効になるのは、「貴方の銀行預金はどうやって産まれたの?」という問いです。「え? 私が働いて、給与を振り込んでくれたから、あるんでしょ?」「貴方に振り込んでくれた会社は、どうやって銀行預金を手に入れたの?」「え? それはもちろん、お客さんに何かを売って、手に入れたんでしょ?」「そのお客さんは、どうやって銀行預金を手に入れたの?」 と、「考えてもらう」ことで、最後は必ず、「あ、そうだ!(ピコーン!閃いた!)現金紙幣を銀行に預ければ、銀行預金になるじゃないですか! 銀行預金の源は現金紙幣です!」 などと言い出すわけですが、「じゃあ、その現金紙幣は、どうやって手に入れたの?」 と、聞くと、「アレ?」となってしまうのです。もちろん、現金紙幣は「銀行預金を引き出す」ことで入手しています。もとに戻ってしまいましたね。 銀行預金は、誰かが貨幣を市中銀行から借り入れることで創出されます。その証拠に、現金紙幣の総額は図の通り、125兆円に「過ぎない」わけですが、銀行預金の合計(=流動性預金+定期性預金+譲渡性預金)の合計は、1691兆円に達しています。 ちなみに、銀行預金は便利な貨幣ですが、利用者の制限があります。銀行預金の口座を持っていない人には、使えないのですよ。というわけで、現金紙幣の出番というわけです。 現金紙幣は、現在の日本において、最も汎用性が高い決済手段なのでございます。 が、現金紙幣の流動性には別の問題もあります。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆特別コンテンツ「三橋貴明×宇山卓栄:日本人はどこから来たのか(前編)」がリリースになりました。https://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 『新紙幣が20年ぶり発行 初日は1.6兆円、機器の更新一部続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事