スポンサーリンク

データはありません

7.04 石丸伸二候補に大逆風…「恫喝」訴訟で2連敗-暇空茜都知事が、爆誕か!?

石丸伸二候補に大逆風…「恫喝」訴訟で2連敗、都知事選後の国政進出シナリオも狂いが

 

東京都知事選(7日投開票)は、残すところ3日。若さと体力を武器に、分刻みの選挙運動を展開する前広島県安芸高田市長の石丸伸二候補(41)に逆風が吹き始めた。

【写真発掘!】小池百合子は31年前、ミニスカにギプス姿で選挙戦に出ていた!

市長時代の言動をめぐる訴訟の控訴審で、広島高裁は3日、控訴を棄却。石丸サイドの2連敗となった。経緯を見る限り、「改革派の爽やか青年」のイメージとは程遠い。最終盤に向けて失速しかねず、知事選後の国政転出シナリオにも影響が及びそうだ。

自民党に近いオールド世代の陣営幹部に支えられる石丸氏は、3選を狙う現職の小池百合子知事(71)、蓮舫前参院議員(56)を猛追。3番手に浮上し、予想以上の戦いを見せてきた。そこへ降って湧いたのが、問題の訴訟。法廷バトルに持ち込んだのは、古巣の山根温子市議(68)で、経緯はこうだ。

 

でっち上げで注目

石丸氏が市長に就任したのは、2020年8月。翌月に議場で古参市議がいびきをかいたとX(旧ツイッター)で批判し、議会との対立を深めていく。市議選を1カ月後に控えた10月、石丸氏は山根氏ら複数の市議から〈敵に回すなら政策に反対するぞ、と説得?恫喝?あり〉などと投稿。言った言わないの泥仕合に発展した。

4選した山根氏は「当時の録音が出てきた」として、21年6月に石丸氏と市を相手取り、名誉毀損の損害賠償を求めて広島地裁に提訴。昨年12月の判決では「石丸氏の発言や投稿は真実とは認められず、山根市議の社会的評価を低下させ名誉を傷つけた」などとして市に33万円の賠償を命じたが、双方が控訴していた。

石丸氏は市長としてのペナルティーを免れていることから、どこ吹く風のようだが、知事選後の戦略は練り直し必至だ。

「告示前の情勢調査で、石丸氏は小池氏と蓮舫氏から大差をつけられていましたが、唯一2人に勝っていたのが衆院東京7区(港区、渋谷区)。区割り変更により新設された選挙区で、石丸氏が共感を呼べそうな意識の高い若者や富裕層が多い。今秋にも解散・総選挙が見込まれる中、ここに無所属で立つともっぱらです。自民党からは丸川珠代参院議員が鞍替えするものの、裏金事件で嫌われている。立憲民主党の前職、日本維新の会の現職も立ちますが、2人とも選挙に強いとは言えず、勝機はある。当初から知事選は顔見世興行で、国政進出が本命なのです」(永田町関係者)

石丸の力強いスポンサーであるドトールコーヒー創業者の鳥羽博道氏(86)は「維新をなせる人材」と心酔し、「大きな仕事」を期待しているが、計画倒れかもしれない。

X(旧ツイッター)では「#石丸伸二」が連日トレンド入りする注目度の高さ。この展開にニンマリなのが、切っても切れない間柄のドトールコーヒーだ。

関連記事\u003Cb>【もっと読む】\u003C/b>では、石丸氏の後援会長に就いたドトール創業者の鳥羽博道名誉会長について詳しく報じている。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事