スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「国債の利払いが増えて破綻する論を、財務官僚が、国会答弁で否定してしまった。(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.25 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 【全編公開】財務省による支配構造を徹底解剖!なぜ財政破綻論者は消えないのか?[三橋TV第881回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/hqLYbJ3ENMI フランス総選挙(一回目)が終わり、「極右!極右!」の国民連合が33.2%で首位、左翼連合の「新人民戦線」が28%、マクロンの与党連合が20.8%となっています。一回目で当選したのは、国民連合が39人、左翼連合が32人、与党連合は4人。7日に、501選挙区で決選投票が行われることになります。 現在の予想では、国民連合が議席数で第一党になるものの、過半数は微妙。 となれば、例により連立協議となりますが、国民連合と新人民戦線は水と油。さらに、マクロン大統領が新人民戦線を「極左!」と攻撃していたため、各勢力の対立は根深い。フランスの政治は、いずれにせよ混迷しそうな状況です。 ところで、オランダでは「極右!極右!」の自由党が主導する政権が(ついに)成立しました。『オランダで極右主導政権が発足 首相に元情報機関トップ オランダで2日、極右の自由党(PVV)が主導する4党連立の新政権が発足した。元情報機関トップのディック・スホーフ氏が首相に就任した。欧州連合(EU)懐疑派のPVVは移民や難民の流入を抑制する政策を掲げる。(後略)』 というか、いい加減にメディア、この「極右!極右!」やめた方が良いですよ。イタリアで「極右!極右!」とレッテル貼りされていた「イタリアの同胞」が政権を握り、オランダで「極右!極右!」の自由党が主導する政権が発足し、かつフランスで国民連合が最大勢力になりつつある。 欧州の「極右!極右!」勢力が「有権者」の支持を得て、権力を握りつつある。というか、有権者の投票が無ければ、権力を握ることはできない。 ということは、イタリアやオランダやフランスの人々は「極右国民」と呼ばれなくてはならないことになりますよ。 欧州の人々が「極右!極右!」に票を投じたのは、もちろん移民問題が最大の理由です。【主要国の移民人口比率(%)】http://mtdata.jp/data_91.html#imin そして、続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事