スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「国債の利払いが増えて破綻する論を、財務官僚が、国会答弁で否定してしまった。(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.25 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 極右勢力が欧州議会選挙を席巻!〜移民問題に揺れるヨーロッパの“反撃“が始まる【[三橋TV第880回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/DvG_3L4oC5M 日本人はどこから来たのか? そりゃまあ、元をたどればアフリカから来たに決まっているわけですが、男性のY染色体ハプログループでいえば、チベット方面からD系、樺太方面からN系、南からO系の人々が日本列島に流入し、数万年かけて「日本人」が形成されていきました。 ちなみに、日本人男性のY染色体の四割が「D」の時点で、いわゆる渡来人説は崩壊です。 何しろ、大陸のD系の男性は(恐らくはO系に)皆殺しにされてしまったようで、チベットと日本の間にD系男子が存在しない(※一部少数民族を除く)。殺伐とした大陸に比べ、日本列島では人々は殺し合いをしなかった。山々の間の狭い平地に、それぞれが「ムラ」を作り、豊かな自然の恵みを受け、暮らしていた。次第次第に、何万年もかけて混ざっていった。 言語にしても、アルタイ語系の影響もあるように思えますが、オーストロネシア語、オーストロアジア語の影響もあるように思える。 韓国語に似ているように思えますが、何しろ朝鮮半島には紀元前10000年から紀元前5000年まで「空白の五千年」がある。7000年前まで、朝鮮半島は(一時的にせよ)無人化していたわけで、その時代にはすでに「日本語」の形成は進んでいた。韓国語が日本語に似ているとすれば、確実に朝鮮半島にまで行っていた縄文人(我々の先祖)の影響でしょう。ちなみに、朝鮮半島の南に、少しだけY染色体ハプログループ「D系」の方が存在します。 それはともかく、日本人が「混ざって」形成されたことは疑いようがないのですが、その変化は「数万年」というスパンで行われた。 現代日本人の顔を見ると、はっきり言って見た目がバラバラですが、元々混ざって形成された以上、当たり前なのです。ルーツ(というか、出アフリカのタイミング)が違うとはいえ、我々は日本人であり、数万年前から漸次的に日本列島にたどり着いたホモ・サピエンスの子孫です。 日本人は膨大な時間をかけ、次第に混ざり合い、日本語が形成され、一つの民族になっていった。とはいえ、この変化が「十年」で起きたら、どうなる?  というのが、今日のテーマ。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆特別コンテンツ「三橋貴明×宇山卓栄:日本人はどこから来たのか(前編)」がリリースになりました。https://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 『フランス議会下院選の第1回投票、極右が最大勢力に 与党連合は3位 フランスで6月30日、国民議会(下院、577議席)選挙の第1回投票が行われ、マリーヌ・ル・ペン氏率いる極右「国民連合」(RN)が33.2%の得票率で、エマニュエル・マクロン大統領の与党連合を抑えて第1勢力となる見通しとなっている。 移民排斥を掲げる「国民連合」の支持者たちは、「マクロン派が一掃された」とルペン氏が述べると歓声をあげた。 得票率の予測では、国民連合がトップで、左派連合の「新人民戦線(NFP)」が28.15%と続き、与党連合は21%で3位にとどまっている。 国民連合の28歳の党首ジョルダン・バルデラ氏は「フランス国民が我々に票をくれるなら、私はフランス国民全員のための首相になるこ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事