スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「国債の利払いが増えて破綻する論を、財務官僚が、国会答弁で否定してしまった。(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.25 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 ついに川田龍平議員らが「ローカルフード法」を国会へ提出〜日本の農家はこうやって守れ[三橋TV第879回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/jn5l10v-gI0?si=SFS4uKKv1gOB5x60  企業経営者にとって、特にオーナー経営者ではなく、いわゆるサラリーマン経営者にとって、最もリスクを減らすというか「安心」する経営手法は何でしょうか? 答えは、「投資しないこと」 です。 何しろ、投資には常にリスクがある。「失敗」する可能性があることは、安心感を減らします。安心したいならば、投資をしなければいい。 家計でも同じです。ローンを組んで住宅を購入することも、リスクがある。 そして、リスクを回避するということは、企業でいえば成長を拒否すること、家計でいえば家という資産を購入しないことを意味する。とはいえ、企業や家計には「債務不履行」というリスクがあります。  債務不履行のリスクがないとしても、家計が住宅を建設するか否かは、ある意味に「好みの問題」です。賃貸が好きで、家を購入しない人もいるでしょう。 とはいえ、企業の経営者が「投資をすれば儲かる(もちろん、真っ当に)」にも関わらず、リスクを恐れ、投資を回避するのは「不道徳」です。もちろん、違法でも何でもないですが、職務怠慢と表現せざるを得ない。リスクを採るのが嫌ならば、経営者になるのを拒否すればいい。  国家の場合は、どうでしょうか。 国家の場合は、債務不履行のリスクはない。少なくとも、自国通貨建ての国債しか発行していない、日本。独自通貨国で変動為替相場制という主権通貨国の日本では。 さらに、貨幣の原則として、誰かの純資産は誰かの純負債(債務超過)。政府が国債を発行(=純負債増)すると、民間の純資産が増加する。。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆特別コンテンツ「三橋貴明×宇山卓栄:日本人はどこから来たのか(前編)」がリリースになりました。https://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/◆続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事