スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「国債の利払いが増えて破綻する論を、財務官僚が、国会答弁で否定してしまった。(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.25 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 財務省の「日本は国債の利払いがやばい」という主張はウソだった?!〜財務官僚が自ら暴露してしまいました…… [三橋TV第878回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/tBWVBc9y3h8  先日のシンポジウムが記事になっていました。 改めてシンポジウムのアーカイブを見直すと、かなり重要な情報(現時点では出せない情報含む)があり、その後の皆様の動きで、「今後」が見えてきましたので、少し整理してみたいと思います。 とりあえずは、記事。『【痛快】岸田文雄が国民にいちばん嫌われる「あの態度」を元内閣官房参与がコキ下ろし解説 今年9月の自民党総裁選を控え、「反岸田」の機運が高まっている。6月21日には首相官邸での記者会見で、次期総裁選への意欲を示した岸田文雄首相だったが、その2日後、菅義偉前首相は、自らが出演したオンライン番組で総裁選について、「自民の刷新の考え方を国民に理解してもらえる最高の機会」 と発言。あえて「刷新」という言葉を使うなど、「事実上の退陣要求」を突き付けた形だ。(中略) そんな藤井教授が「日本復活の方策」を熱弁するひと幕があった。政治ジャーナリストが語る。「6月23日、都内で自民党・西田昌司議員、立憲民主党・原口一博議員、れいわ新選組・たがや亮議員、評論家の三橋貴明氏を交えたシンポジウムが行われました。ここで藤井氏は、政治を『山登り』に、不況を『病気』にたとえて『山登りしようと思ってるのに、病気になってしまった』と表現。『でもそこに、消費税減税って薬があるんですよ』『薬あるんやから飲めよ!』と景気の浮揚には消費税の減税が欠かせないと訴えていました」 藤井教授の諫言と庶民目線の分析を、「聞く力」自慢の首相はどう受け止めるか。(川瀬大輔)』 シンポジウムに参加していなかった方々のために、話の整理。1.西田昌司「財政政策検討本部」の本部長は、実に素晴らしい「提言」を提出したにも関わらず、2024年骨太の方針議論において、「プライマリーバランス2025年度黒字化」目標について議論をすることを避けた(一般的には「逃げた」と表現されるでしょう。)2.1の理由として、「特定公債法が2025年度までは有効だから」と説明していますが、「で? 2024年の骨太の方針の議論と何の関係が?」と突っ込まれることは必然。(突っ込まれていますが)3.岸田内閣と自民党の支持率が、共に10%台に低迷している4.政権交代になると続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事