スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「日本はなぜ経済成長したのか(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.4 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 財務官僚の頭の中をのぞいてみた〜財務省が緊縮に拘る理由が明らかに…彼らの謎を暴いたアカデミー賞受賞作の映画とは?[三橋TV第876回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/S2BTAhHQm_8  昨日は、西田昌司参議院議員(自民党)、原口一博衆議院議員(立憲民主党)、たがや亮衆議院議員(れいわ新撰組)、それに藤井聡先生にご参集いただいた、「徹底討論!!消費税減税 〜令和の日本に必要な真の経済政策〜」開催日でした。700名近くの皆様にご参集頂いたこと、感謝申し上げます。【2024年6月23日 シンポジウム控室にて(撮影:saya)】 本シンポジウムはクローズドでございましたので、皆様にはオープンにできない情報もお話し頂きました。 もっとも、各情報は「いずれ」報道されることになるでしょう。その際には、ブログ等で取り上げさせて頂きます。 最も重要な(皆が忘れている)情報は、9月に自民党の総裁選挙が行われますが、「同時」に立憲民主党の代表選挙も行われるという事実です。 与野党ともに、それぞれが積極財政派と、緊縮財政派を抱えている。この「ねじれ」状況をどうしたらいいのか。どうにかするしかないですが、政局とはそう簡単に変わりません。 いかなる状況になっても、ひたすら「やる」んですよ。その根性が、問われています。 何気に、最も重要な情報は、控室でsayaさんが西田先生に質問した件だと思います。これは、別に公表しても構わないでしょう(もっともだから)。「内閣人事局が発足し、官僚の人事権を内閣が持っているにも関わらず、なぜ安倍内閣(当時)は、人事権を用いて財務官僚をコントロールしようとしなかったんですか?」 安倍内閣は、農林水産省や総務省の人事に介入しまくり(安倍総理というよりは、菅官房長官が)、グローバリズムの政策を強行したのに、なぜ、財務官僚にはしなかったのでしょうか。 不思議ですよね。 西田参議院議員の回答はシンプルで、恐らくは正しい。「財務省の財政政策が間違っていたと、官邸が確信を持てなかったから」 そりゃそうでしょ。人類全体が、貨幣観、財政観を間違えていた。圧倒的な自信があれば、あるいは「やったところで報復が無い」と確信できれば、官邸は人事権を行使し、政治を動かすことができる。  つまりは、重要なのは知識と根性なのですよ。 菅が農水省(※農協改革等)や総務省(※ふるさと納税制度等)に加入しまくったのは、彼は(間違ってはいたが)続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事