スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「日本はなぜ経済成長したのか(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.4 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 財務官僚の頭の中をのぞいてみた〜財務省が緊縮に拘る理由が明らかに…彼らの謎を暴いたアカデミー賞受賞作の映画とは?[三橋TV第876回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/S2BTAhHQm_8  本日は、与野党の積極財政派が集結! 消費税減税シンポジウム開催日です。 自民党総裁選挙、総選挙が近い。議員の皆様の「本音」を伺ってみたいと思っています。 資本主義とは、「誰か」が負債(債務、借入)を増やし、投資をすることで「預金」を創出し、生産を増やし、成長していくモデルです。投資とは厳密には「おカネを投じる」ではなく「資本を投じる(工場建設、インフラ整備、機械導入など)ですが、現実にはおカネが無ければ投資できません。 ものすごく本質的な話をすると、弥生時代、我々の先祖は共同体に労働を提供し、水田稲作のインフラを整えました。これも、投資です。  実のところ、工場建設にせよ、インフラ整備にせよ、機械導入にせよ、誰かが働き、財を生産しなければならないため、弥生時代と変わりません。当時とは異なり、現代は「おカネ」が労働の提供を誘発しているという話です。 我々の経済は、弥生時代から基本スタイルが変わっていないのです。すなわち、投資をして成長する。弥生時代の開墾、水路建設、灌漑設備の整備、水田のための溝堀、畝づくりを「投資ではない」と主張する人は、投資(資本を投じる)の意味を理解していないことになります。  そして、投資に依存した経済のリスクは、今も昔も変わらない。「何か(例えば、大水害、戦争、等)」が理由で、投じた資本が破壊されてしまうかも知れない。その場合、大損です。 工場を建設しました。さて、我が社の商品の生産を始めよう、と思ったら、いきなり災害で破壊されてしまった。まさに、大損。投資にはリスクがつきものです。  特に、デフレーション(需要不足)の時代、民間はリスクを恐れ、投資なんかしません。何しろ、市場、客、仕事、が「増えていない」わけですから、そんな時期に投資するはずがない。理由は、儲からないためです。結果、民間の負債は増えない。 これを放置すると、銀行預金が減り(※銀行預金は銀行への融資返済で消滅する)、経済はひたすらデフレ化していく。だからこそ、政府というものがあるのです。【日本のネットの資金需要(右軸)と非金融法人企業・一般政府の資金過不足(左軸)】http://mtdata.jp/data_91.html#SNA データとは嘘をつかないもので、97・98年のデフレ化以降、日本の民間企業(非金融法人企業)の資金過不足はプラス化した。資金過剰が延々と続くことになりました。 すなわち、「負債を増やさず、資産を増やす(もしくは負債を減らす)」ことを続けてきたわけです。 この状況で、政府が十分な「負債の増加」すなわち財政赤字の拡大を怠ると、日本経済は大げさでも何でもなく「崩壊」します。実際の日本政府の財政赤字は、「崩壊」は防いだものの、日本経済をデフレから脱却させるには不十分でした。何しろ、ネットの資金需要(民間企業の資金不足+政府の資金不足)が対GDP比で5%に満たず(※2021年のみ例外)、小泉政権期や安倍政権期には、何とプラス化した!(その分、銀行預金が消滅した) というわけで、民間が資金不足を増やそうとしない以上(合理的です)、政府が財政赤字を拡大しなければならない。それを妨げているのが、PB黒字化目標というわけです。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆特別コン続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事