スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「日本はなぜ経済成長したのか(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.4 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 【農家の人は注意!】罰金が課されるかも?日本で成立したとんでもない法律 [三橋TV第874回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/SIyx8E7lne8 財務省はPB黒字化では飽き足らず、国債利払費を含む「財政収支の黒字化」に財政目標を変更していようとしています。普通に「狂ってる」と言って構わないと思います。 財政目標に国債利払費を含める(=財政収支の黒字化目標)ためには、「これからは国債金利が膨張していく! 利払費も含めた財政目標を」 という印象操作をする必要がある。 だからこそ、今年3月の日銀のマイナス金利政策解除が昨年時点でリークされ(これ、アウトでしょ)、「金利ある世界」というレトリックが一斉に使われるようになった。 財務省にとって都合が悪いのは、現実の日本の国債利払費は、【日本の普通国債発行残高・金利・利払費の推移】http://mtdata.jp/data_89.html#ribaraihi と、極めて低いことです。理由は、もちろん日本の国債金利が低迷を続けていたためです。「あ、それ、もう終わりますから」 という理屈で、利払い費を含めた財政目標に転換したいのでしょうが、実はことはそう単純ではない。 極めて重要な、財務官僚の答弁ですので、必ずご視聴ください。 【拡散希望】政治家と国民を騙し続けてきた財務省の正体と思想!ザイム真理教の全てが明らかになった!(参議院財政金融委員会 西田昌司質問 令和6年6月4日)政治家と国民を騙し続けてきた財務省の正体と思想ザイム真理教の全てが明らかになった!参議院財政金融委員会 令和6年6月4日0:55~  事業性融資の推進について11:34~ GDPに対する日本とG7のネット利払い費の比較19:35~ 財政出動の必要性について参議院議員 西田昌司『経世済民こそ政治の使命』西田昌司チ...www.youtube.com 図の国債利払費は「粗」です。つまりは、日銀保有分の国債や、「政府の金融資産(※主に外貨準備)」に対する利払い費を考慮していない。 国債について「自国通貨建て」と「外貨(共通通貨)建て」を無視しているのと同じです。 当たり前ですが、「利払い費が問題だ~っ!」 というならば、「=政府が支払う利払費-政府が受け取る利払費」で見なければなりません。当たり前でしょ。幼稚園児でも、分かるんじゃね?  家計にしても、住宅ローンの金利が月6万円、金融資産からの金利収入が月10万円だった場合、「利払いが多すぎて破綻する!」 など、やらんでしょ。ネットでは、月に4万円のプラスじゃん。 日本は国債の半分を日銀が保有しているため、「国庫納付金」として日本に戻る国債利払費が2兆円強あります。加えて、政府の外貨準備(ほぼ米国債)へのアメリカ政府の利払費が巨額。 結果、ネットの利払い費は遂にドイツを抜き去り、G7諸国で二番目に少ない(一番はカナダ)という状況になってしまいました。『(財務官僚の答弁を続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事