スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「日本はなぜ経済成長したのか(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.4 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 「日本に財政問題は存在しない!」〜積極財政議連が声明を発表...緊縮派とのバトルが始まる⁈ [三橋TV第873回]三橋貴明・sayahttps://youtu.be/o4iV2IaU-A0 【緊急対談】戦後最長の実質賃金低下 / なぜ岸田政権は消費税を減税しないのか?(三橋貴明×藤井聡)6月23日(日)14時から、消費税減税をテーマにしたシンポジウムを開催いたします。会場チケットのお申し込みはこちらから↓↓↓https://in.38news.jp/38P20240623_rere?cap=yt※本映像の著作権は株式会社経営科学出版に帰属しております。無断での編集(切取り等も含む)は禁じます。youtu.be 【緊急】6月23日 与野党の積極財政派が大集結!豪華ゲストによる特別シンポジウムが6月23日(日)に開催されます。是非、ご参加ください。http://dpweb.jp/382024  昨日は三橋経済塾で鈴木宣弘先生に「食料安全保障」をテーマにお話し頂いたのですが、もはや、「自助! 共助! 自助!」 の状況になっているのがご理解頂けたのではないかと思います。 公助は、無い。理由は、農林水産省の予算が(緊縮財政で)足りないためです。 使えるカネがない。それにも関わらず、「食料安全保障」の強化を求められた農林水産省は、「平時には何もしません。有事には有事法制で農家に食糧増産を強制します」 と、控えめに言って「頭おかしいんじゃないの?」という農業基本法を成立させざるを得なかったわけです。 最後に、鈴木先生に質問したのですが、基本法改訂に際して、「輸出を増やす」 となっていますが、食料安全保障強化のためには「コメの輸出」をするしかない。そして、日本の米価はグローバル価格の三倍以上。 欧州式に農家の所得補償をするか、アメリカ式に価格保障をしない限り、日本のコメが輸出されるはずがない。どういうつもりだったのか?「できないのは分かっているが、とりあえず言ってみただけ」 とのことでございます。はい、分かっていましたが。【日本の農林水産予算の推移】http://mtdata.jp/data_91.html#nourinsuisan 日本の農林水産予算は、以前は一般会計の1続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事