スポンサーリンク

データはありません

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「日本はなぜ経済成長したのか(前半)」三橋貴明 AJER2024.6.4 令和の政策ピボット呼びかけ人に「独身研究家 荒川和久先生」が加わって頂けました。 「闇に葬られた自民党と経団連の蜜月関係」政治資金パーティーを規制しても、裏金問題は解決しない…? [三橋TV第869回]三橋貴明・高家望愛https://youtu.be/nkmo7OM4zUc  厚生労働省が、2023年の「人口動態統計」の概数を公表しました。 合計特殊出生率が1.2と、予想通り過去最低を更新しました。 このままでは、わたくしは「日本人消滅のカウントダウン」が始まるのを見ることになるのでしょう。『去年の合計特殊出生率 過去最低 厚労省「必要な取り組み加速」 1人の女性が産む子どもの数の指標となる出生率は去年、1.20となり、統計を取り始めて以降最も低くなったことが厚生労働省のまとめで分かりました。厚生労働省は、「少子化の要因には、経済的な不安定さや仕事と子育ての両立の難しさなどが絡み合っている。必要な取り組みを加速させていきたい」としています。 厚生労働省は、去年の「人口動態統計」の概数を5日に公表しました。 それによりますと、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数の指標となる「合計特殊出生率」は1.20でした。 前の年の確定値と比較すると0.06ポイント低下していて、1947年に統計を取り始めて以降、最も低くなりました。 前の年を下回るのは8年連続です。 また、都道府県別では、すべての都道府県で、前の年よりも低くなりました。 最も低かったのは、東京都で、0.99と1を下回りました。(後略)』 注意しなければならないのは、出生率最低の東京都の「内」においても、著しい格差があることです。 最新データである2022年の区別出生率は以下の通り。1位 中央区 1.312位 港区 1.213位 千代田区 1.18・・・21位 新宿区 0.9322位 中野区 0.9223位 0.92 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆皇統論第六十四回「最後の勝者」、歴史時事第六十四回「英雄の続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,402人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事