スポンサーリンク
『異次元の少子化対策という消費税増税を叩き潰せ!』三橋貴明

『国債以外の安定財源は存在しない』三橋貴明

 

 

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「防衛費をめぐり日本の財政議論が始まった」(前半)三橋貴明 AJER2022.12.21 令和の政策ピボット呼びかけ人に「呼びかけ人」に慶應義塾大学商学部准教授 岩尾俊兵先生が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

異次元の少子化対策という名の消費税増税推進路線を叩き潰せ!

 

[三橋TV第654回]三橋貴明・高家望愛

 

財源確保法の法案概要が報じられています。  政府は令和9年度までの5年間で、防衛力の整備経費として43兆円を確保する方針ですが、追加予算については歳出改革(要はトレードオフ)税外収入で賄う計画になっています。要するに、緊縮財政です。  防衛費の追加分は(5年間で)14.6兆円。剰余金や特別会計からの繰り入れをかき集めて、追加分を確保するという緊縮発想になっているわけです。 まずいのは、財源確保法がこのまま通ってしまうと、何しろ防衛費増額は覆らないでしょうから、「あっちからも、こっちからも」 と、財務省の歳出改革に正当性を持たせてしまうことです。『(社説)防衛費の財源 非現実的な想定やめよ 自民党の特命委員会が防衛費増額の財源を精査する議論を始めた。増税以外の歳出改革などの具体策を検討するという。無駄の削減を図るのは当然だが、それで確保できる財源に過大な期待を寄せるのは禁物だ。あてが外れて借金を重ねる事態を招いてはならない。 政府は昨年末、27年度の防衛予算を今よりも4兆円も増額する方針を決めた。うち3兆円を増税以外で確保するという。 だが、同時に打ち出された歳出改革には実態が無く、特別会計の余剰資金など「1回限り」しか使えない財源ばかりが目立つ。このままでは絵に描いた餅になる可能性が高い。(後略)』続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事