くにもり「自衛核武装を!子供と日本の未来を守ろう」!

 

スポンサーリンク
有本香の以読制毒❣マカオのカジノ業者・サンシティ創業者に実刑判決

マカオのカジノ業者・サンシティ創業者に実刑判決 日本のIR計画は大丈夫か… 和歌山「断念」は大正解、強い黒社会との親和性

和歌山県が昨年4月、IR(カジノを含む統合型リゾート施設)誘致計画を断念したことを、ご記憶の向きもあるだろう。同県は、自民党の二階俊博元幹事長の地元である。

頓挫の直接の理由は、県が国に申請する予定だった「区域整備計画の認定」を、和歌山県議会が反対多数で否決したことだった。

「否決は痛恨の極み」と語った仁坂吉伸知事はもちろん、実力者・二階氏もIRに大乗り気だったものが、ひっくり返されたのだ。県内外に驚きが広がるとともに、「二階氏の力に陰り…」などとも噂された。

この和歌山県議会の否決はまったく正しかったと筆者は見るが、この判断に少なからず影響を与えたと見られる事件の判決が昨日、和歌山から遠く離れたマカオで下された。

マカオ初級法院(第一審裁判所)は18日、カジノ仲介業(ジャンケットプロモーター)サンシティグループ(太陽城集団)の創業者、アルビン・チャウ(周焯華)被告に対し、禁錮18年の実刑判決を言い渡したのである。英BBCやマカオ新聞などが同日報じた。

チャウ被告が逮捕されたのは2021年11月。実に、計289もの罪で起訴されたが、今般、初級法院はうち162の罪を認定した。その中身はというと、犯罪シンジケート設立、許可施設内などにおける違法賭博経営、詐欺、詐欺未遂…。

チャウ被告が逮捕されたのは2021年11月。実に、計289もの罪で起訴されたが、今般、初級法院はうち162の罪を認定した。その中身はというと、犯罪シンジケート設立、許可施設内などにおける違法賭博経営、詐欺、詐欺未遂

チャウ被告は、マカオの貧しい家に育ち、カジノビジネスで大成功を収めた。香港のマフィア映画のような犯罪組織との関係も指摘されたが、サンシティグループ・ホールディングス・ジャパンは21年2月、「反社会的勢力と一切関与していない」との声明を発信している。

サンシティ側は「新型コロナウイルス感染拡大による影響や、日本のIR区域認定手続きに時間がかかること」などを撤退の理由に挙げていた。仮に手続きが迅速に進んでいたら、どうなっていたのかと考えると背筋が寒くなる。

ちなみに、サンシティグループは、北海道や沖縄などでも不動産を爆買いし、リゾート開発計画などぶち上げていた。

一般論として、カジノビジネスはやはり黒社会と親和性が強い。果たして他地域のIR、大規模リゾート計画は大丈夫なのか。この期に総点検すべきではないか。

こういっては何だが、生来のお人好し、お花畑な日本人が、「儲かるから」という理由で、うかうか参入するところではあるまい。

■有本香(ありもと・かおり) ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『「小池劇場」の真実』(幻冬舎文庫)、『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』『「日本国紀」の天皇論』(ともに産経新聞出版)など多数。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。