スポンサーリンク
新潮砲❣「山上容疑者」起訴で振り返る「安倍元首相」お粗末警備

「山上容疑者」起訴で振り返る「安倍元首相」警備のおざなり感と中村前長官の心境

なぜあの場所だったのか?

昨年夏の参院選で、候補者の応援演説中の安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者が1月13日、殺人罪で起訴される。警察庁は前代未聞の事件後、検証チームを立ち上げ、2度と同じようなことが起こらないための仕組みを作りつつあるが……。そういった検証には出てこない警察キャリアの生の声を紹介しつつ、事件後に引責辞任した中村格前警察庁長官の当時の心境などについて触れる。

「警察庁のキャリアの1人は、“あの場所でなぜ演説をやることになったのか疑問でならない。360度どこからでも狙われる可能性があるから、どうしても警備が難しい。というか無理ですね”と話していました」

と、社会部デスク。

「“ここで仮に襲撃があったらどうなるかを想像すれば、別の場所にしようとなるはずです。そんなに難しい判断ではない。各方面から指摘を受けていますが、トラブルは起こりえないだろうと勝手に判断して警備の計画を進めてしまったのでしょう”とも話していました」(同)

事件前から決まっていた再開発計画によるものとはいえ、安倍氏が立っていた周囲のガードレールの撤去が進められているのは皮肉と言わざるを得ないだろう。

できれば来てほしくなかった

「“私の感覚が古いということではないと思いますが、大物政治家が演説にやってきたり皇族方がお出ましになったりする際には身が引き締まると同時に、良い意味で気持ちがたかぶるものです。誤解を承知で言うならお祭りみたいな印象がある”と語っていました。加えて、“地元の警察の能力のすべてが問われていると意気込むものだ”とも」(同)

まさに腕の見せどころということなのだろう。

「“もちろん緊張感は相当あるのですが、楽しそうに準備をするんですよ”とそのキャリアが話していたのが印象的でした。“その点、安倍さんの警備については全く前向きな感じを受けない。できれば来てほしくなかったというようなおざなりな感じですよね。やりがいのかけらもありませんよ”と厳しく批判していました。そういう前提じゃないと到底理解できないほどの甘さを、今回の警備に見て取ったというわけです」(同)

一方で当時のトップ、中村格警察庁長官はどういった心持ちだったのだろうか?

次ページ:官房副長官を切望

官房副長官を切望

「別のキャリアによれば、“長官に限らず組織のトップは、就任した時から辞め時を考えていますから。辞めるのが仕事と言ってもいいでしょう。だから安倍さんが銃撃されて亡くなった時点で辞める腹は固まっていたでしょう”とのことでした。いつ辞めるかに焦点が当たっていたようです」(同)

結果として、中村氏は安倍氏の国葬前に引責辞任した。警察の人事にも影響があったことだろう。

「事件とは無関係に中村氏が辞めた後は、同期の露木康浩現長官が引き継ぐというのは既定路線でしたから、人事が大きく乱れたということはなかったと思います。それよりもこのキャリアが強調していたのは、“中村氏本人は警察庁長官になる前から、内閣官房副長官をやりたいという気持ちを隠さなかったですね。その思いは今回の事件後も変わらないでしょうし、むしろ高まっているかもしれない。今回の事件があったからといって、副長官の目がなくなったということはない”という点でした」(同)

中村前長官はしばらく民間に身を置き、捲土重来を目指す考えのようだ。

デイリー新潮編集部

 

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事