くにもり「自衛核武装を!子供と日本の未来を守ろう」!

 

スポンサーリンク
文春砲“元カレ”YOSHIKIが「週刊文春」に語った工藤静香との“ほんとうの関係”

「紅白で挨拶しました」“元カレ”YOSHIKIが「週刊文春」に語った工藤静香との“ほんとうの関係”

 昨年末のNHK紅白歌合戦に出場した「X JAPAN」のYOSHIKI(57)が「週刊文春」の取材に応じ、かつての交際相手で、同じく紅白歌合戦に出場した工藤静香(52)との現在の関係について明かした。

YOSHIKIは今回の紅白に、「L'Arc~en~Ciel」のHYDEらと結成したロックバンド「THE LAST ROCKSTARS」として出場。ピアノとドラムで圧巻のパフォーマンスを見せた。一方、静香も24年ぶりに紅白に出場し、2曲のメドレーを披露。フルート奏者の長女Cocomi(21)との共演が話題を呼んだ。

「Forever Love」など数々の名曲を生み出した ©時事通信社

「YOSHIKIと静香は1992年のテレビ番組での共演を機に、交際に発展したとされます。1994年にはロスでの半同棲生活も報じられた。ただ、2年後の1996年、静香が『もう会ってません』と破局を宣言。以降、YOSHIKIは独身を貫き、静香は2000年に木村拓哉(50)と結婚しました」(スポーツ紙記者)

紅白終了後、YOSHIKIは自らの動画チャンネルの生配信に「THE LAST ROCKSTARS」のメンバーらと出演。お酒を飲みながら、紅白の話題で盛り上がっていた。すると、酔いが回ったのか、YOSHIKIは唐突にこう切り出す。

「あ、そう。(紅白に)静香がいて、今日。静香が。たまにアドバイス頂きます。(電話する仕草で)“この彼女どう思う?”とか」

“爆弾発言”が飛び出した豪勢な“打ち上げ”(YOSHIKIの動画チャンネルより)

慌てたHYDEらが止めに入ったことで、“元カノ”への言及は終わった。

破局から長い歳月を経て、2人は再び親密な間柄になっているのか。配信内容についてYOSHIKIの所属事務所に問い合わせたところ、アメリカに帰国していたYOSHIKI本人が1月7日午前(日本時間)、オンラインで取材に応じた。

「静香に限らず、何人か久しぶりにお会いした方と挨拶させて頂きました」

――静香さんとの今の関係について改めて伺いたい。

「静香に、またその周りの方たちに迷惑をかけないようにしないといけないなと思ってまして。ああいった場でああいった発言をしてしまって。アメリカ感覚みたいな感じで、喋ってしまった。反省しています」

――紅白の会場では、静香さんと挨拶された?

「あぁ、それはもちろん。静香に限らず、何人か久しぶりにお会いした方と挨拶させて頂きました」

――木村拓哉さんとはお知り合いですか?

「ステージとかでお会いしたことはありますし、とてもリスペクトしています」

静香とキムタクは結婚23年目 ©時事通信社

さらに、YOSHIKIは、静香とのやり取りや、“ほんとうの関係”についても語るのだった。そして、30年前の出会いを尋ねると――。

1月10日(火)12時配信の「週刊文春 電子版」および1月11日(水)発売の「週刊文春」では、YOSHIKIとの詳しい一問一答を中心に、Cocomiが合格した桐朋学園大学音楽学部のソリスト・ディプロマ・コースの実態などについても報じている。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。