くにもり「自衛核武装を!子供と日本の未来を守ろう」!

 

スポンサーリンク
「日米でウイグル念頭に供給網から強制労働排除」西村経産:有本香氏

日米でウイグル念頭に供給網から強制労働排除 西村経産相の「覚悟」人権尊重の作業部会発足 有本香氏緊急寄稿ZAKZAK引用元

 

日米両政府は、国際的なサプライチェーン(供給網)での人権の尊重を促進するタスクフォース(作業部会)を6日に発足させる。安倍晋三元首相の遺志を継いだ、西村康稔経産相の覚悟とは。ジャーナリストの有本香氏が緊急寄稿した。

久々の「朗報」と言える。

訪米中の西村経産相が6日、ホワイトハウスで米通商代表部(USTR)のキャサリン・タイ代表と会談し、日米の関係省庁による新組織発足の覚書を締結する。

有本香氏

これは、中国でのウイグル人らへの強制労働問題の解決を念頭に置いた措置だ。米国が「ウイグル強制労働防止法」などを施行させて強化している「強制労働の産品排除」を、日本企業にも浸透させる狙いがある。

西村氏には、「約束を守ってくださり、ありがとうございます」と申し上げたい。今だから明かすが、実はウイグル問題をめぐって、西村氏とは昨年夏、少々のやり取りがあった。

安倍元首相が凶弾に倒れた(7月8日)直後、世界ウイグル会議のドルクン・エイサ総裁から「弔問のために訪日したい」と相談を受けた私がまず相談したのが、安倍派の事務局長を務めていた西村氏であった。

安倍氏とウイグル問題との深い関わりを振り返りながら、私が「来日するドルクン総裁と面会していただけませんか?」と頼むと、西村氏は「いいですよ」と快諾し、次のように語った。

「安倍首相が本当に気にかけておられた問題ですからね。私が(官房)副長官として官邸でお仕えしたときにも、いろいろありました。もちろん私自身、極めて重要な問題という認識でいますから、話を聞きたいです。お目にかかりましょう」

すぐに日時を決め、ドイツのドルクン氏に伝えた。その後、ドルクン氏側の事情で訪日は9月に延期され、その間に西村氏は経産相に就任した。面会が流れた際、西村氏は私に電話をくれた。

「有本さん、今回は残念ですけど、私はこの問題を心に留めていますから」

西村氏はこのときの「約束」を守ってくれた。私は西村氏の誠意に感謝しつつ、これも安倍氏がつないでくれた「縁」だと感じている。

新組織は、日本側から経産省、米国側からはUSTRが共同議長として窓口役を担う。他に日本から外務省、米側から国務省、商務省、労働省などが参加するタスクフォースだ。強制労働や民族、宗教差別といった人権侵害の根絶に向け、供給網に関わる規制や政策を日米の当局と企業間で共有するという。

この決定を、ドルクン氏に伝えると、次のようにコメントした。

「まず、西村大臣と日本政府に感謝を申し上げたい。そのうえで、さらなるお願いですが、ウイグル人ジェノサイドに関わっている中国当局者を制裁する『日本版マグニツキー法』や、『ウイグル強制労働防止法』など、米国と同じ法制化を実現してほしい。日本は世界第2のスーパーパワーなんだから。私たちの期待は大きいです」

西村氏、そして岸田文雄首相、わが国が世界の「人道」の羅針盤であり続けるために、さらなる一歩をお願いします。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。