株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 三橋貴明のツイッター はこちら人気ブログランキング に参加しています。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『骨太の方針と安藤提言(後篇)①』三橋貴明 AJER2018.7.24https://youtu.be/WiR9Hq0l1_s ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆> ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 本日は、昨日の実質消費に続き、実質賃金。『6月実質賃金、2.8%増=21年半ぶり伸び、賞与増加https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080700253&g=eco 厚生労働省が7日発表した6月の毎月勤労統計調査(速報値)によると、名目賃金から物価変動の影響を差し引いた実質賃金は前年同月比2.8%増で、2カ月連続のプラスだった。好業績を背景に企業が賞与を増やしたためとみられ、日本の金融危機前の1997年1月(6.2%)以来21年5カ月ぶりの高い伸び率を記録した。(後略)』  実質賃金を見る際は、「現金給与総額」(上記は現金給与総額)はあまり適切な指標ではありません。理由は、賞与の出るタイミングで変動してしまうためです。 例えば、昨年は7月に出ていた賞与が、今年は6月になった。それだけで、6月の現金給与総額は激増します。その場合、当然ながら今年の7月の現金給与総額は対前年比マイナスになってしまいます。 というわけで、やはり実質賃金は「きまって支給する給与」で見るべきです。 18年6月の実質賃金「きまって支給する給与も、対前年比で+0.7%でした。しかも、4月(+0.1%)、5月(+0.6%)と、三か月連続でプラス。これは、第二次安倍政権発足以続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事