1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/04(土) 02:36:14.15 ID:CAP_USER9

半年で鳥栖に復帰した豊田の胸中。「そんなに長い時間は残されていない」

7月28日に行なわれたジュビロ磐田戦後、すでに夜は更けていた。試合が開催された鳥栖には深夜まで営業している店がない。そのため、久留米の焼肉屋に出かけることになった。

「今と昔が変わっているというのは意識しています」

サガン鳥栖のFW豊田陽平(33歳)は、左手でトングを器用に使いながらその胸中を明かしている。豊田は今年1月に移籍した韓国Kリーグの蔚山現代から半年で帰還し、この夜が途中出場での復帰戦になった。網の上ではハラミがジュージューと音を立てていた。

「自分が帰ってきたのは、一緒にJ2からJ1に上がったチームがJ2に落ちるのを見るのは許せなかったからです。落ちるようなチームじゃない。力になれることがあるんじゃないかって。

ただ、今の自分が”鳥栖らしさを”と主張しても難しい。それはピッチで姿勢を示すべきことで、試合に出ていないなか、影響力が失われているというのは自覚しています。でも、チームとして間違っている方向に行っているのを感じたら、それは言っていきたい。今は託された時間の中、なんとかチームのために仕事をするだけ。個人としてはあと6得点で通算100得点となり、通過点にしたいですけど、今はチームがすべてですね」

18チーム中17位と降格圏に沈む鳥栖に戻ってきた英雄は、語気を強くした。

昨年の大晦日、小松空港のカフェだった。豊田は、ほとんど電撃的に韓国への移籍を決断している。かつてヴィッセル神戸にも在籍していたキム・ドフン監督から電話が入り、日本語で「ぜひ、来てほしい」という熱烈なオファーがあったことも、心を決めた理由のひとつだろう。しかし、最大の理由は「一度は海外で」という夢を捨て切れなかったからだ。鳥栖のことは気がかりだったが、千載一遇の機会を逃したくなかった。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2018/08/02/post_29/index_2.php
2018.08.02

https://amd.c.yimg.jp/im_siggqVYyfPKtPIM7KwJFTIOQ0Q---x400-y267-q90-exp3h-pril/amd/20180802-00010000-sportiva-000-1-view.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DjUQEc2UwAA3L40.jpg
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/243000/242642/news_242642_1.jpg

続きを読む

Source: U-1

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事