株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 三橋貴明のツイッター はこちら人気ブログランキング に参加しています。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『骨太の方針と安藤提言(後篇)①』三橋貴明 AJER2018.7.24https://youtu.be/WiR9Hq0l1_s ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆> ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ チャンネル桜「日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」 【討論】日本が危ない!Part① パチンコとIR[桜H30/7/28] 」に出演しました。https://youtu.be/UmVJquHjieAhttp://www.nicovideo.jp/watch/1532736306 さて、日本経済新聞が珍しく(初めて?)国際リニアコライダー(以下、ILC)について報じています。 もちろん、論調は”ネガティブ”。事実上のILC反対論です。『「ビッグバン」再現の新型加速器、日本誘致に壁 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33491590X20C18A7TJM000/ 宇宙誕生の謎に迫る次世代巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を国内に誘致する構想の雲行きが怪しくなってきた。日本学術会議が議論を本格化し、それを基に文部科学省が年内に誘致に名乗りをあげるかどうかの結論を下す。ただ厳しい財政状況の政府は容易にゴーサインを出せない。実現には「2つの壁」が立ちはだかり予断を許さない状況だ。 ILCは地下のトンネル内で電子と陽電子を光速で飛ばしてぶつけ、138億年前のビッグバンに近い高エネルギー状態をつくる。万物に質量を与えるヒッグス粒子を生み、崩壊する様子を詳しく調べることで、物質や宇宙の起源を探る。(後略)』 日経が「壁」と表現しているのは、一つ目はもちろん「ザイセイガー」。 後略部で、日経は、『問題は予算だ。仮に学術会議が誘致にゴーサインを出した場合も、日本の既存の科学技術予算の枠内では建設費などの負担金を捻出できない問題がある。他の科学技術プロジェクトにしわ寄せが行くのは確実だ。』  と、書いているのです。 まさに、プライマリーバランス発想!  なぜ、既存の科学技術予算を拡大する。あるいは、ILCと他の科学技術プロジェクトを同時並行的に進めるという発想にならないのか。 いや、もちろん財務省の手下である日経には、科学技術振興が理由であろうとも「予算拡大」という記事は続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事